恵比寿マスカッツ1.5ツアーファイナル、小島みなみ卒業 5代目リーダーは襲名に号泣

アイドル 公開日:2018/08/25 11
この記事を
クリップ
}/

大人気セクシーアイドルグループ恵比寿マスカッツ1.5が今夏開催した「おかげサマーツアー」。

“おかげさま”をテーマに、グループ結成3周年を迎える恵比寿マスカッツ1.5が、ファンの皆様に感謝を伝えることをコンセプトに開催されたツアーだ。7月21日の名古屋から始まり8月5日の大阪を経て、昨日8月24日(金)、東京・渋谷O-EASTにてファイナル公演となる『恵比寿マスカッツ1.5「LIVE2018 おかげサマーツアーファイナル」』が開催された。




ライブは開場時からデッカちゃんと初代メンバーのKONANによるDJで会場があたためられ、その勢いのままイッキに開演。メンバーはいきなり水着で登場し、夏恒例のナンバー「Sexy Beach Honeymoon」を熱唱。会場は約900人の来場者の熱気に包まれた。途中のコントパートでは、安倍首相のモノマネでお馴染みのビスケッティ佐竹正史がメンバーとコラボした「バナナ・マンゴー・ニッポン」を熱唱するなど、随所に恵比寿マスカッツらしいライブ内容で魅せていく。

ライブの終盤には、6月29日にオーディションを行い、さらにダンス選考などの審査を経て新たに加入することとなった16名のメンバーも発表され、緊張の面持ちの新メンバーたちも2曲のパフォーマンスを披露した。

さらに、このライブをもってグループを卒業する小島みなみからファンに向けてのメッセージが伝えられる。小島の想いに、集まったファンやメンバーもぐっと涙をこらえるシーンも見られた。さらに続けて、長らくリーダー不在の状態だった恵比寿マスカッツの、なんと5代目となるリーダーが発表された。総勢38名という大所帯となるグループをけん引する役目を担うことになったリーダーは、きっと誰もが予想しなかったであろう、市川まさみとなった。新リーダー市川は、まさかの新リーダー襲名にコメントもままならないくらいに号泣。市川らしい所信表明となった。

新メンバー加入及び新リーダー襲名を終え、最後には、初心に返ってグループ名を「恵比寿マスカッツ」とすることが告げられた。「恵比寿★マスカッツ」→「恵比寿マスカッツ1.5」と改名しながら3年間を歩んできたグループは、この時をもってオリジナルの「恵比寿マスカッツ」を名乗ることとなった。ライブの最後はグループの校歌でもある「バナナ・マンゴー・ハイスクール」の大合唱で熱狂と感動のステージを締めくくった。


【出演】

<恵比寿マスカッツ>

川上奈々美/石岡真衣/市川まさみ/羽咲みはる/神崎紗衣/神咲詩織/黒沢美怜/古川いおり/小島みなみ/白石茉莉奈/スーブー/辰巳シーナ/田森美咲/夏目花実/松岡凛/みひろ/藤原亜紀乃/三上悠亜/三田羽衣/湊莉久/桃乃木かな/由愛可奈/吉澤友貴   計23名

<ゲスト>

デッカちゃん/KONAN/ビスケッティ佐竹正史

<新加入メンバー>

粕谷まい/架乃ゆら/如月さや/小林ひろみ/桜もこ/白藤有華/神宮寺かなん/友田彩也香/なつ葵/七海ティナ/奈良歩実/日菜乃はのん/藤井マリー/松本ゆん/宮村ななこ/山中真由美

ⓒEBISU★MUSCATS PROJECT

この記事の画像一覧