卒業発表の飯窪春菜「あと4か月 全力でモーニング娘。’18に捧げる」

アイドル 公開日:2018/08/21 17
この記事を
クリップ
}/

映像配信サービス『GYAO!』は、ハロー!プロジェクト20周年記念に際し、様々なジャンルの一流パフォーマー、クリエイターから本物の技術を学び、コラボレーションすることで、ハロー!プロジェクトメンバーが成長する新番組『ハロプロのモノホン!』を8月28日(火)より無料配信することが決定した。

出演はモーニング娘。’18アンジュルムJuice=Juiceこぶしファクトリーつばきファクトリーの5組を予定しており、各グループごとにコラボレーションする相手が異なる形で構成される。




配信にさきがけ、モーニング娘。’18が囲み取材に応じた。リーダーの譜久村聖は、「今回ハロープロジェクトのグループとモノホンさんとコラボをするということで、本当にたくさんの新しいことを学べたなと思ったんですけど、今回はこの番組を通して、成し遂げる達成感だったりとか、挑戦する好奇心だったりとか、そういった部分を観ていただけたらいいと思います」とコメントした。

石田亜佑美は、「ダンスがものすごく好きで、モーニング娘の仲でもソロでダンスのパートをいただいたり、ダンスに関しては、特攻隊長みたいなところがあるんですけど、今回挑戦したジャズダンスになると、リズムの取り方が普段と違うので、このノリであっているのかなみたいなところもあって、まだ探り探りやっているので、正直まだ私は楽しめていないので、本番までに楽しめるように頑張りたいと思います」と語った。

今後どのような人とコラボをしたいジャンルの人とコラボをしてみたいのか聞いてみると、牧野真莉愛は、「私はプロ野球の日本ハムファイターズが大好きなんですけど、中田翔選手にバッティングを教えてもらいたいです。これまで始球式は何度かさせてもらっているんですけど、その時は石岡ミリオンスターズにいる武田勝投手にピッチングを教えてもらったんですよ。今度はバッティングができるようになりたいです」と意気込んだ。

生田衣梨奈は、「アクロバットが得意で、コンサートでもバック転を4回連続でやることもありまして、ブレークダンスとかアクロバットの体操チームの方とコラボしたいと思います」とアピールした。

加賀楓は、「私はアニメが大好きなので、声優さんにアニメのアフレコのやり方を教えてもらいたいです」。野中美希は、「個人的にNBAのアンバサダーをやらせてもらっているんですよ。プロの選手にバスケを教えてもらいたいです。私はレイカーズの担当をしているんですけど、そのレイカーズのレブロン選手とコラボしたいです」。横山玲奈は、「気象予報士をやってみたいです。小さい頃からずっとやりたかったんですよ。いつかモノホンの方にお会いして、実際に教えてもらいたいです」。小田さくらは、「みんなと比べるとレベルが下がっちゃいますけど、鬼ごっことかのプロがいたらそういう人から本気で学びたいと思います」とそれぞれ語った。

最後に秋のツアーで卒業する飯窪春菜は「2年くらい前から卒業を考えていました。卒業を決心したキッカケは、昨年9月にモーニング娘。が20周年を迎えたことで、1年間を過ごしてきたんですけど、20周年イヤーが終わった節目で、自分の未来を考えたときに、今このタイミングが自分にとってベストな卒業のタイミングだと思いました。今年の秋ツアーをもちまして、モーニング娘’18及び、ハロープロジェクトを卒業させていただきます。卒業後もソロとして芸能活動をしていきたいと思っているんですけど、あと残り約4ヶ月は全力でモーニング娘。’18に捧げて全うしていきたいと思いますので、最後の日まで応援よろしくお願いします。」と前を見据えた。