モーニング娘。’18 飯窪春菜が卒業を発表「自分の未来のことも考えるようになった」

アイドル 公開日:2018/08/18 21
この記事を
クリップ

モーニング娘。’18のサブリーダーでもある飯窪春菜の卒業が17日、グループのオフィシャルサイトで発表された。

飯窪は7期としてグループに参加。2013年からサブリーダーとして、9代目リーダー譜久村聖をサポートしてきた中心メンバー。2018年になってからは6月に尾形春水が卒業して以来2人目となる。

飯窪はオフィシャルサイトでコメントを寄せ、昨年グループが20周年を迎えたことにあたり、自分の未来も考えるようになったといい、グループとしてコンサートが一番楽しかったと綴った。24歳という年齢、自分の挑戦したいことを成し遂げるために、このタイミングだったこともファンに伝えた。卒業タイミングは今秋のツアー終了を以って。卒業後も芸能活動は継続する。




<以下、コメント全文>

私、飯窪春菜は、今年の秋ツアーをもって

モーニング娘。'18及びハロー!プロジェクトを卒業します。


昨年の9月にモーニング娘。は結成20周年を迎え、20周年イヤーを過ごすとともに、

モーニング娘。の未来のことだけでなく自分の未来のことも考えるようになりました。


グループとしての活動ではコンサートが一番楽しく、

「コンサート」と言っても歌とダンスだけでなくMCのトークや楽曲を演じることも

全てがパフォーマンスとしてコンサートに含まれていて。

歌とダンス以外にも

お芝居が好き、

ラジオで喋る事が好き、

漫画を紹介することが好き、

ファッションが好き、

海外が好き、

人と関わることが好き、

やりたいことがたくさん、夢も、本当にたくさんあるのです。


欲張りなのは分かってます。

でも、これを全部、好きだと知ることができたのはモーニング娘。があったからです。

モーニング娘。は私に、この世界の無限の可能性や希望、愛を教えてくれました。

そして時間は有限だということも。


自分がいま一番挑戦したいことは何か。

そう考えた時に挑戦したいことがたくさんありました。


私は今年、24歳になります。

自分の挑戦したいことを成し遂げるために、

このタイミングでソロになって、もっと色々なことにチャレンジしたいと思ったのです。

卒業後は「飯窪春菜」として、引き続き芸能界で頑張っていきたいと思っています。

そのチャレンジ全てに満足な成果は出せないかもしれませんが、

応援してくださる皆さんに、たくさんのお知らせができるよう頑張ります!


残りの時間、メンバーやファンの皆さんとの時間をさらに大切にして

「モーニング娘。」という思い出のアルバムを増やしていきたいです。

そして卒業後も愛して頂けるように精進して参りますので、末永くよろしくお願いします!


モーニング娘。'18 飯窪春菜


※本記事は掲載時点の情報です。