AKB48チーム8が“撮れ高”に会いに行く、よさこい対決は感動作

アイドル 公開日:2018/08/17 7
この記事を
クリップ
}/

CSテレ朝chオリジナルバラエティ「AKB48チーム8のあんた、ロケロケ!」が2018年8月24日(金)よる10時~よる11時に放送される。

今年4月から番組のコンセプトを「普段、なかなか会えないモノに会いに行っちゃうロケ番組!」から「メンバーが責任をもって“撮れ高”に会いに行っちゃうロケ番組」に。チーム8のメンバーに加え、新たに“旅のお供ゲスト”が登場。メンバーが自分の出身県の魅力を、「ご当地MC」となり(各県の担当回)、ディープ&マニアックに紹介する。

今回の「あんた、ロケロケ!」は、埼玉県坂戸市からのスタート。埼玉市町村のどこに行くかは、事前にチーム8の埼玉県代表・髙橋彩音がボックス抽選くじにて決定済み。

坂戸市は、関東有数の「よさこい祭り」の名所。市をあげて、「よさこい」に力を入れていて、埼玉県内で唯一「よさこい部」のある高校があるとか。そこで、メンバーは、5年後には創立100周年を迎えるという歴史と伝統のある「よさこい部」がある山村国際高等学校へ。よさこい部は「山村国際高校鳴子連(なるこれん)」というチーム名で活動していて現在、女子38名・男子7名というハーレム状態。その実力はというと、2017年の「坂戸・夏よさこい」で特別賞を受賞するなど輝かしい実績を持つ。

そこで、チーム8のメンバー4名が「よさこいイースト(髙橋彩音(埼玉)・坂口渚沙(北海道)」と、「よさこいウエスト/倉野尾成美(熊本)・宮里莉羅(沖縄)」の東西2チームに分かれて、「よさこい演舞対決」に挑んだ。各チームの楽曲は、いずれもチーム8の楽曲で、イーストが『星空を君に』、ウエストは『思春期のアドレナリン』。そしてなんと今回、山村国際高等学校の部員(生徒)たちが、「よさこいver.」のフリ付けを。




チーム8のメンバーは、合流して、わずか1時間強というタイトな時間の中での「振り入れ」、「合同練習」をこなし、いざ東西チームに分かれて(約18人ずつ)で、演舞パフォーマンスを披露。対決の舞台は、坂戸市で有名な、台湾の宮大工さんが15年かけて建設したという道教のお宮“五千頭の龍が昇る”なんとも神秘的な「聖天宮」。石川清(いしかわきよし)坂戸市市長も駆けつけ、自らの経験談も披露しながら、バトル審査にも加わった。

果たして勝利したのは、どっちのチームだったのか…

■ロケ後感想
<あんたロケ初登場/宮里莉羅(沖縄県代表)>
コンサートとかで埼玉に来たことはあったけど、今回は自然といっぱい触れ合えて、気持ちよかったし、同世代の高校生たちと「よさこい」を一緒に踊れて、とてもいい思い出になりました。

倉野尾成美(熊本県代表)>
「よさこい」がとっても楽しかったです!なんか一緒にいた時間は短かったけど、「部活」をやってた気分でした。私は部活に入ったことがないので、学生と一緒に何かを作り上げてる気持ちが新鮮で、充実感がありました。

(c)AKS

この記事の画像一覧