NMB48女子力選抜ユニット「Queentet」サントリー新商品とコラボ、人気TikTokerとも共演

アイドル 公開日:2018/08/14 32
この記事を
クリップ

サントリー食品は、8月21日(火)から1都10県で新発売する(10月より全国で発売予定)「サントリー南アルプスPEAKERピーカービターエナジー」の発売前プロモーションを8月14日(火)より開始する。今回はNMB48の女子力選抜ユニット「Queentet」(吉田朱里・渋谷凪咲・村瀬紗英・植村梓・太田夢莉)とコラボレートし、NMB48の楽曲『ピーク(ピーカーver.)』を制作し、動画共有アプリTikTokにて「#ピーカーダンス」全12篇を8月14日(火)から公開する。

今回の企画は、商品名の「PEAKER」を広く知ってもらうともに、若い世代を中心に、より多くの頑張りたい方々を応援することを目的に実施するもの。NMB48のグループ内ユニット「Queentet」とコラボし、NMB48の楽曲「ピーク」を、商品名になぞらえて「ピーカーver.」とした。オリジナルの歌詞(ピークの部分をPEAKERとしたもの)とオリジナルの振り付け「#ピーカーダンス」を、今、若い世代を中心に楽しまれている動画共有アプリTikTokで配信。




動画はメンバーが1人で登場するものから、メンバーがTikTokで活躍する人気TikTokerとコラボして2人で登場するもの、メンバー5人全員が登場するものなど、全12タイプの動画がTikTokにて配信される。

今回、NMB48「Queentet」のメンバーが挑戦したのは、今、若者を中心に流行している動画共有アプリ「TikTok」配信用の動画の撮影。曲にあわせたリップシンク(口パク)を撮影し、投稿するというTikTok本来の遊び方と同じように完成させていくために、「ピーク」の楽曲をスローモーションで再生し、そこに「ピーカーver.」で採用した新しい振り付けを撮影するという手法がとられた。

初めての撮影となり、振り付けも今回の撮影用に用意されたものですが、メンバーはすぐに慣れ、「若い子に入っているから仲間入りできて嬉しい(吉田)」「TikTokerになりたい(渋谷)」など、楽しんでいる様子。今後はNMBメンバー内にTikTokブームも訪れるのだろうか。

今回はメンバー1人1人のソロバージョン、吉田と太田の2人バージョンと、5人全員バージョンの他に、TikTok内で活躍する人気のTikTokerと共演するバージョンの撮影も行われた。選ばれたのは村瀬と、植村。村瀬は「ちなぴぴ」、植村は「ねお」と共演した。それぞれ初対面ではあるが、世代が近いこともありすぐに打ち解けた様子で、NGを出しても笑顔で抱き合ってはしゃいだり、完成した動画を見て二人で喜びを爆発させたりと、まるで同じグループのメンバーであるかのように、息もぴったりの撮影となった。

今回の「ピーカーver.」の振り付け「#ピーカーダンス」では、ピーク・山を連想した△のポーズなど、1人でも、仲間同士でも楽しめる、簡単でキーとなるポーズが散りばめられている。動画の〆のポーズでは、例えば「人生はあっという間」という歌詞に対して、吉田さんは親指と人差し指をあわせて「少ししかない」というジェスチャーをしているなど、メンバーそれぞれにポーズがある。吉田は「クインテットは普段色分けされていて、担当カラーがあるんですが、次は“担当ポーズ”ができたので楽しみにしてください」とおすすめのポーズ披露していた。そして「本当に簡単な振り付けだし、1人でも、5人のような仲間でも、カップルなんかでも楽しいし、いろんな組み合わせで楽しんでください」とメッセージを贈った。




この記事の画像一覧 (全 4件)