欅坂46今泉佑唯が卒業を発表「とても心苦しい決断をせざるを得なくなってしまいました」

アイドル 公開日:2018/08/07 30
この記事を
クリップ

欅坂46のメンバー今泉佑唯が卒業を発表した。

7thシングル『アンビバレント』のフォーメーションには入らなかったが、ソロ曲『日が昇るまで』が収録されることが決まっていた。




7日夜、「いつも欅坂46を応援してくださっているファンの皆様」というタイトルでブログを更新。「握手会やイベントなどで大好きなファンの皆様に会いたい。その気持ちがあるのに、できないもどかしい気持ちでした(中略)この度、私なりに悩んだのですが、とても心苦しい決断をせざるを得なくなってしまいました。私は、欅坂46を卒業します。」と思い悩んだ末の苦渋の決断であったことを吐露した。

また、ソロ曲『日が昇るまで』が欅坂46としての最後の参加だと話し、「これが私の気持ちです。一語一句、心をこめて大切に歌わせていただきました。心が締め付けられるようなそんな曲です。」と綴った。

具体的な卒業時期等は、今後決定していくとのことで、卒業後もタレント活動は続けていくという。

ⓒSeed & Flower