BNK48「TIF」の歴史に名を刻む 清廉で溌剌なパフォーマンスに喝采

アイドル 公開日:2018/08/04 105
この記事を
クリップ

TIF2018、2日目昼間。灼熱のSKY STAGEに2017年2月より本格活動を開始した国外48グループ、BNK48が登場した。

今年4月29日に、タイ・バンコクで開催された『TOKYO IDOL FESTIVAL in BANGKOK COMIC CON』のホストを務めたBNK48は、ついに本場のステージに降り立つことに。

今年の選抜総選挙で躍進したCherprang(チャープラン)、Music(ミュージック)の知名度の上昇もあったのか、徐々にSKY STAGEに集まる人だかり。

そしてOVERTUREが鳴り響き、ステージに登場するメンバーたち。この日の登場は、チャープラン、ミュージック、そしてPun(パン)、Jennis(ジェニス)、Mobile(モバイル)、さらには昨年4月にBNK48に移籍し、7月より本格活動している伊豆田莉奈の6人のTIF選抜が登場。




自転車のベルがお台場の空に響き渡ると、記念すべきBNK48の1stシングル『Aitakatta (อยากจะได้พบเธอ)』(会いたかった)が始まる。センターのミュージックをはじめ、キュートで溌剌としたステージを見せていく。一気にあがる諸手。国内48グループとはまた違った、清廉さあふれる振る舞いは、早くも観客の心を掴んだ模様。日本でもお馴染みのナンバーのため、サビでは合唱も巻き起こる。

ここからはMC、各メンバー一人ひとりが日本語で自己紹介。相当勉強しただろう、流暢に言葉を紡いでいく。チャープランにいたっては「“チャープラン”と言いにくかったら、“シャブシャブちゃん”と呼んでください」とまさかのダジャレまで飛び出した。伊豆田はこの1年で磨いたタイ語での自己紹介も披露。観客たちも意味は(たぶん)理解していないながらも、おぉ!っと声援で答える。

続くは、こちらも大名曲『Oogoe Diamond (ก็ชอบให้รู้ว่าชอบ)』(大声ダイヤモンド)!「好き!」の大合唱でSKY STAGEは一体となる。

BNK48、SKY STAGEでの最期を飾るのは、2ndシングルにして、すでにYouTubeで数億回の再生回数を記録し国民的歌唱曲となった『Koisuru Fortune Cookie (คุกกี้เสี่ยงทาย)』(恋するフォーチュンクッキー)。「おにぎり~♪」の掛け声とともに「おにぎりダンス」を繰り出すメンバーとファンの双方。その光景にメンバーたちも満面の笑みに。突き刺さるような日差しの中、最高のダンスホールがお台場に生まれた。青空の下、その空色にも負けないほどの爽やかな空気を吹かせて、この時間を終えた。

どのメンバーも魅力的で面白い。中でも『恋する~』で初選抜にして初センターを飾った、この日の最年少メンバー、モバイルのキラキラとした姿は、これから多くの人に刺さるはずだ。

終演後、場内に向け手をにこやかに振るメンバーたちに掲げられた多くの手。観客の心にBNK48というグループの名と姿は強く刻まれたはずだ。

この記事の画像一覧 (全 14件)