久保怜音 山内瑞葵 矢作萌夏など「TIF」だけのAKB48フレッシュ選抜、酷暑も吹き飛ぶ爽やかステージ

アイドル 公開日:2018/08/04 38
この記事を
クリップ

世界最大のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL」も2日目。土曜日ということで、また最高気温を更新する勢いの酷暑のなか盛大に解されているが、野外「SMILE STAGE」では、”TIF”のためだけに選抜された「AKB48フレッシュ選抜」がライブを行った。

メンバーは、次世代のAKB48を担う精鋭、久保怜音、西川怜、山邊歩夢、稲垣香織、庄司なぎさ、鈴木くるみ、田口愛佳、田屋美咲、長友彩海、前田彩佳、武藤小麟、安田叶、山内瑞葵、多田京加、本田そら、矢作萌夏 の16名。体感は40℃並の突き刺さる日差しの下で、MCマイクにも蝉しぐれが入り込むほどの厚さのなか、まさに”フレッシュな夏”を思わせる白を基調した超絶可愛い衣装で登場。




1曲目の『会いたかった』から、「おいおいおいおい!」のお馴染みの声援で声を枯らすファンたち。『君のことが好きだから』でさらにフレッシュな汗がほとばしると、「もっとみなさんにフレッシュ選抜の事を知っていただきたいので、この曲を披露したいと思います。『チームフレッシュ推し』!」と、メンバー紹介ソングの神曲として、未だに愛される曲『チームB推し』の歌詞を変え、16名ひとりひとりが紹介され、会場はすさまじい歓声に包まれた。

さらに『さよならクロール』『大声ダイヤモンド』と、クラシックな名曲を熱唱。最後は『恋するフォーチュンクッキー』をファンと合唱し、プレミアムなフレッシュライブは幕を閉じた。

52ndシングルで選抜入りした久保怜音山内瑞葵、第3回ドラフト会議で3チームから指名を受けた矢作萌夏など 、未来のAKB48の姿を夏の陽炎に観た気がした満足のいくステージであった。

この記事の画像一覧 (全 18件)