AKB48 TIF選抜が熱狂ステージ、アイドル大好き向井地美音「ここ1ヵ月この日のために生きてきた」

アイドル 公開日:2018/08/03 36
この記事を
クリップ

8月3日から5日までの3日間にわたり、東京・お台場青海周辺エリアで行われる「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」 初日HOT STAGEにAKB48が出演、事前に告知された、今回のTIFのために選ばれたメンバー”TIF選抜”で登場した。

メンバーは、加藤玲奈、向井地美音、横山由依、込山榛香、峯岸みなみ、茂木忍、大家志津香、柏木由紀、佐々木優佳里、谷口めぐ、福岡聖菜、大森美優、岡田奈々、川本紗矢、馬嘉伶、村山彩希の16名。1曲目から『言い訳Maybe』でスタートダッシュを決め、『Everyday、カチューシャ』『#好きだから』と畳み掛け、会場を熱狂させた。




MCでは、向井地が「初めてTIFに参加させていただくんですけど、私もひとりのアイドルオタクでもあるので、今日のためにこの1カ月生きてきましたー!本当に楽しみにしてました!」と、でれでれの笑顔を見せ、岡田もつられて笑顔に。

『重力シンパシー』『オネストマン』『転がる石になれ』とアッパーチューンが続き、外の熱波に負けないほどのステージにメンバーもファンも汗だく。込山の「いっしょに盛り上がって行きましょー!」の煽りで、『ポニーテールとシュシュ』のイントロが流れた途端、ファンが怒涛の声を上げ、♪ぽーにーてーるー♪のサビで会場の盛り上がりは最高潮に。これぞ”夏のAKB48”を堪能できるセットリストで楽しませてくれた。

この記事の画像一覧 (全 8件)

関連タグ