ラストアイドル新曲リリイベ、音響トラブルのピンチをアカペラで歌い切る

アイドル 公開日:2018/07/31 34
この記事を
クリップ

アイドルグループ ラストアイドルが、7月31日にお台場・ヴィーナスフォート内 教会広場にて3rdシングル『好きで好きでしょうがない』リリース記念イベントを開催。デビュー曲『バンドワゴン』のオーケストラバージョンが流れ、ステージ正面の扉からラストアイドルファミリー総勢22名がステージに登場。リード曲である『好きで好きでしょうがない』を披露し、オーディションのボルテージをあげた。

パフォーマンスを終え、センターをつとめる間島和奏は「今作で初めて表題曲を22人で歌うので、パワーアップした私たちを改めて是非みて欲しいです!」とコメントし、3rdシングルの初回限定盤の各形態に収録される、シャッフルユニットの楽曲をそれぞれ初披露した。




5人からなる“ちぇか”(石川夏海、猪子れいあ、小澤愛実、高橋真由、安田愛里)を皮切りに、4人からなる“mili mili”(朝日花奈、池松愛理、鈴木遥夏、西村歩乃果)、2人組の“まっしゅりん。”(中村守里、山田まひろ)、3人組の“るかわかなっつん”(相澤瑠香、大石夏摘、間島和奏)、最多人数で形成される6人組の“はしっこは168せんち”(阿部菜々実、大森莉緒、木村美咲、清原梨央、長月翠、松本ももな、籾山ひめり、山本愛梨)の順にパフォーマンス。シャッフルユニット曲の初披露を終え、長月翠が「もう1回歌いたいなー(笑)」とMC中に言い出し、冒頭で披露した。

『好きで好きでしょうがない』をもう一度パフォーマンスすることに。曲中2サビの途中で音響トラブルによって、音が止まってしまうというハプニングが発生。音が止まった瞬間、メンバーと観客は一体感が生まれ、まさかのアカペラで最後まで歌い続けなんとか、ピンチを乗り越えた。

曲中の間奏部分もオーディエンスの手拍子で間を繋ぎ、メンバーと観客の歌声で会場は1つに、盛り上がりも最高潮へ。ラストアイドルのライブ定番曲「ラスアイ、よろしく」を最後に披露し、大盛況でイベントは幕を閉じた。

いよいよ明日8月1日(水)は3rdシングル『好きで好きでしょうがない』の発売日。週末はTOKYO IDOL FESTIVAL 2018に3日間とも出演も決まっているので、発売週の動きも改めてチェックして欲しい。

この記事の画像一覧 (全 8件)