「別冊カドカワ」欅坂46、菅井友香ダンス秘蔵カット&尾関梨香 菅井の心情を涙ながらに一筆入魂

アイドル 公開日:2018/07/20 33
この記事を
クリップ
}/

現在大好評発売中の、一冊まるごと欅坂46をフィーチャーした「別冊カドカワ 総力特集 欅坂46 20180703」(KADOKAWA)の巻末グラビアを飾っている、キャプテン・菅井友香

「別冊カドカワ」には、そんな菅井が髪を乱し凛とした面持ちのグラビアが掲載されているが、そのカットは『ガラスを割れ!』と『不協和音」』を裸足のまま “ダンス”している最中を撮影したもの。




撮影後半、カメラマンが声を掛け、欅坂46の曲をかけながら撮影したところ、菅井は裸足のままにも関わらず、本番さながらの全力でのダンスを披露。スタッフの心配もよそに、2曲続けてフルで踊りきった。柔らかい印象の白いワンピースで迫真のダンスを披露している菅井を切り取ったグラビアは必見。前後に収録されている、渋谷や代々木公園周辺、スタジオ内のふんわりとした光の中で撮影したそれまでのカットとは違う表情にも注目だ。

欅坂46グループ内で最も、書道が得意で冠バラエティー番組「欅って、書けない?」(テレビ東京)でもたびたびその腕前を披露してきた尾関梨香

発売中の「別冊カドカワ 総力特集 欅坂46 20180703」の誌上でも、尾関が見事な書の腕前を「漢字一文字」で披露している。

実はその一文字、キャプテンである菅井友香が「尾関に書いてもらうなら…」と“いまの欅坂46を表した一文字”を選んだもの。菅井が選んだ一文字は「克」。欅坂46をとりまくさまざまな困難に打ち勝って前に進みたい、という思いを込めて選んだ一文字と、そのエピソードを伝え聞いた尾関は「…涙が出そうです」とコメント。涙目のまま、撓らせた筆に墨を染ませ集中し、菅井の真意をくみ取りながら「魂を込めて書きました」という「克」の一文字の出来は「我ながら上々です!」と話した。


【誌名】別冊カドカワ 総力特集 欅坂46 20180703

【発売日】好評発売中

【定価】980円(税込、本体907円)

【発行】株式会社KADOKAWA

この記事の画像一覧