虹のコンキスタドール5周年イヤー突入記念イベント、でんぱ組.incらとコラボライブ

アイドル 公開日:2018/07/18 46
この記事を
クリップ

でんぱ組.incのセトリは虹コンが選曲

でんぱ組.incは、虹コンのメンバーが聴きたい曲を中心にセットリストを組む、特別なステージで魅せた。的場セレクトの「バリ3共和国」、岡田彩夢が選んだ「まもなくでんぱ組.incが離陸いたします♡」など。マニアックなセトリに「オタクの心が届いているのがわかる」と、夢眠ねむ。久々に聴く曲もあり、ファンは嬉しそうにサイリウムを振る。また、虹コンと兼任する根本凪、ベボガ!と兼任する鹿目凛に向け、「2人は虹コンとベボガ!にとって大事な存在だけど、でんぱ組.incにとっても大事な存在だからね」と、古川未鈴。その言葉に、思わず目を潤ませた2人の様子に感動が広がった。

4人組のフィロソフィーのダンスは、ダンススキルの高さと、迫力のあるソウルフルなボーカルで、「ライブ・ライフ」など6曲を披露して観客を圧倒した。奥津マリリは「アイドル横丁で特典会の最中に、虹コンさんの曲が聴こえてきて思わず踊ってしまった」と、虹コン好きのエピソードを告白。日向ハルは「みなさんのように可愛いことはできないけど、好きになってもらえるように、気持ちはゴリゴリです!」と意欲たっぷり。いわゆるアイドルとは一線を画したダンスパフォーマンスに、かけ声や名前を呼ぶ声も客席から飛びだした。




そして、トリを務めたのは、もちろん虹のコンキスタドール。まずは挨拶代わりに、結成当時からのナンバー「女の子むてき宣言」を歌った。各メンバーの個性が落とし込まれた楽曲で、鶴見萌の選手宣誓パートでは観客も一緒に手を挙げ、会場が一つになった。MCでは、出演者やファンに向けて「出演してくださったみなさんが、MCで私たちのことを話してくれて。お祝いの言葉をいただくたびに、楽屋のモニター前では“ありがとう〜”って、みんなで言ってました。4年前は、こんなにたくさんの人の前で、たくさんのアイドルさんが来てくださって、お祝いしてもらえるとは思ってもみなかったです。これも、応援してくれるみなさんのおかげです。本当にありがとう」と、うれしそうに語った的場。「限りなく冒険に近いサマー」では、メンバーとファンが一緒にジャンプして盛り上がったほか、9月12日にリリースする最新シングル表題曲「ずっとサマーで恋してる」では、ファンが頭の上でハートマークを作ってぴょこぴょこジャンプし、馬跳びを取り入れた振り付けでも盛り上げた。また新体制一発目で歌って以来、大事なときにだけ歌うという「心臓にメロディー」も披露したほか、「ずっとサマーで恋してる」のカップリング曲「in(door) the summer」もいち早く披露して、ファンへの感謝の気持ちを表した。12人のメンバーがステージ上を躍動する様子は圧巻で、アイドルらしい可愛らしさや女の子らしさも見せながら、随所で発揮するユーモアは実に現代アイドル然とした雰囲気。それでも他に埋もれないのは、12人の個性が突出しているからだろう。

最後には、「トライアングルドリーマー」を、出演者全員でコラボ。虹コンの衣裳を着たでんぱ組.incのメンバーが、虹コンとかけ合いをするシーンは、永久保存版といった感じだった。ファンも、手で三角形を作る振り付けを一緒に楽しみながら、曲の最後では虹コンメンバーへの愛をたっぷり叫んで、5周年イヤー突入をお祝いした。この日限りの最高コラボに、「楽しかった〜」「ヤバイ〜」を連呼したメンバー。最後に、的場の「これからもついて来てください。5年目もよろしくね〜!」というメッセージと共に、虹のコンキスタドールの5周年イヤーが、にぎにぎしく幕を開けた。

虹のコンキスタドールの「結成5周年プロジェクト」は、この後、9月12日にメジャー2ndシングル「ずっとサマーで恋してる」をリリース、冬には東京・北海道・福岡・沖縄・仙台・大阪・名古屋で「7大都市“冬のレインボウツアー”」を開催。12月12日(12+12=24で虹の日)には、ファンの投票で収録楽曲を決定する(現在投票実施中)5周年記念ベストアルバムの発売を予定している。

取材・文=榑林史章

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)