STU48、瀬戸内エリアを含む豪雨災害に関してメッセージ

アイドル 公開日:2018/07/17 26
この記事を
クリップ
}/

STU48がアンバサダー(今年2月27日に任命)を務めている「C to Seaプロジェクト」のイベント会場に接岸されている、株式会社商船三井の次世代自動車運搬船「BELUGA ACE (ベルーガ エース)」の船内見学会が行われ、メンバーから藤原あずさ矢野帆夏峯吉愛梨沙の3名が参加した。

約6800台の自動車を運搬可能な船内にて自動車の船内積付けのデモンストレーションの見学にはじまり、ブリッジにて実際にステアリングを握って舵を切る体験をしたり、航海用レーダーを見たり、船長室の見学などを行い、船の魅力について船員の方々から話しを聞いた。




STU48 メンバーコメント>

藤原あずさSTU48/岡山県出身)

初めてこんな大きな船に乗らせていただき、その迫力にびっくりしました。子供に戻った気分というかワクワクする気持ちで、こんなところにこういう物があったりこういう機械があるんだっていうのが知れたので本当に楽しかったです。特に車を駐車するスペースがショッピングモールかというくらいの大きさで、船の中にいるのに陸と変わらない不思議な感覚でした。もっとこういう機会が増えてたくさんの方に海の魅力だったり、船の魅力を伝えていけるように、私達もこの活動を頑張っていきたいと思います。

またこの度の瀬戸内エリアを含む豪雨の災害に際して、みなさまにご心配いただきまして本当にありがとうございます。被害にあわれた方がたくさんいらっしゃいますが、その方々のためにも私達に何かできることはあるのか、私達から発信できることはあるのかを考えて、力になれるような活動をしていきたいと思っています。

©STU


この記事の画像一覧