”ラストアイドルファミリー” Love Cocci西村歩乃果 ドキドキ初水着

アイドル 公開日:2018/07/13 66
この記事を
クリップ
}/

いま最も輝いている美女をクローズアップするムック「PlatinumFLASH プラチナフラッシュ vol.5」(7月13日発売・光文社)では、人気番組「ラストアイドル」から生まれたユニット”Love Cocci”のメンバー西村歩乃果が初の水着姿を披露した。

最新曲『LoveDocci♡』でセンターを務め、ラストアイドルファミリーのなかでも抜群のビジュアルを誇る、美容師として働いていたという異色のアイドル・西村歩乃果の待望の初水着だ。番組での敗北という、マイナス地点からアイドルへの道を歩きはじめた彼女。その目からは、”先駆者にならないとダメ”という強い決意が窺えた。


―本誌初グラビアで、しかも水着。やっぱり緊張しましたか?

緊張しました。水着になるのが恥ずかしくて、とにかくダイエットをしなければと。まず食べる量を減らし、炭水化物も摂らないようにして、青汁を飲んだり、サラダだけにしたり。筋トレも頑張りました。でも途中で辛くなって、一食だけ放棄してしまったんですよ。夜にどうしても我慢できなくなって、つけ麺を食べました。夜は食べないと決めていたのに、しかも炭水化物(笑)。でも、我慢できなかったのはその一回だけで、あとは頑張って、2週間で3.5キロくらい痩せました。




―まわりの反応は?

顔も細くなったので「整形した?」と言われました。お母さんにいたっては「ちょっとしゃくれてきたから、もうやめなさい」と(笑)。

―それだけ準備して臨んだ撮影ですが、あいにくの雨でしたね。

いつもは晴れ女なんですけど…。でも雨の中、傘を差さずに海に入るということもなかなかできない体験だと思うので、逆によかったかなと思います。それに、雨に濡れながら撮っていただくというのも一度やってみたかったので。開放感もありましたし、嬉しかったです。雨に濡れた髪もいい感じですよね?(笑)

―大人な雰囲気ですね。LCで見せるかわいいアイドルとはまた違った一面を見せていただきました。

正直に言うと、気持ち的に自分がアイドルだと思っていないところがあるからかもしれません。行動もアイドルっぽくないのかなと。もともと『ラストアイドル』に応募したのも、アイドルになりたいというより、自分がどこまで行けるのか挑戦したかったという気持ちが大きかったんです。まわりからは「年齢的にアイドルは無理だよ」と言われましたし、自分も、もしアイドルになれたとしても「すぐにやめる」と言っていました。応募する前は、美容師として普通に働いていたので、『ラストアイドル』が終われば、また美容師として働けたらいいな、と。だから、番組で敗退したときも悔しい気持ちはありませんでした。


インタビューの全貌、その他のグラビアは「Platinum FLASH[プラチナフラッシュ] vol.5」でチェック!

クリックで購入へ

この記事の画像一覧

関連タグ