乃木坂46 3期生阪口珠美、”たまちゃんの夏休み”はウキウキがいっぱい

アイドル 公開日:2018/07/12 39
この記事を
クリップ
}/

いま最も輝いている美女をクローズアップするムック「PlatinumFLASH プラチナフラッシュ vol.5」(7月13日発売・光文社)では、乃木坂46 3期生の”たまちゃん”こと阪口珠美の最新グラビアが登場している。

「プラチナFLASH vol.1」から続く乃木坂46の3期生ソログラビアも5人め。結成当初は、ダンスが得意という印象をファンに与えた阪口珠美。そんな彼女がアイドル活動のなかで得たものとは?




―3期生は誰かと組み合わせでのグラビアが多いですよね。今回も2、3回めのソログラビアと伺っています。まずは、撮影の感想をお願いします。

ひと足早めの夏休みという感じでしたよね。私は自分のことを雨女だと思っているんですけど、途中から天気もよく晴れてよかったです。ソログラビアは、以前「プラチナFLASH」で(吉田綾乃)クリスティーが載っているのを見たんですけど、めちゃくちゃかわいくて好きでした♡ でん(佐藤楓)もかわいかったです。笑顔で座っている写真にキュンとしました(笑)

―阪口さんは夏休みが来ると、すぐに遊びに行くタイプですか?

はい。終業式の後は、解放されてすぐ遊びに行っちゃいます。でも宿題に追われる.という気持ちが半分で、遊びたいワクワク感が半分って感じです

―じゃあ宿題は最後まで手をつけない派?

いえ、最初のうちにガーッ!とやっちゃいます。でも毎日書く日記とかは、たまっちゃうと思い出せない日が出てきちゃって。最後のほうにちょっ
とだけ作り話を書いちゃうことがありました(笑)

―あるあるですね(笑)。たとえばどんなことを?

家族でレストランに行きました、とか。何もないのもつまらないかなって思って、ちょっと盛ってみました。ブログみたいに伝えたいことがあればちゃんと書けるんですけど、宿題の日記は、書かなきゃいけないものっていう感じがして難しいです。

―今回はまさに「夏休み初日」をイメージした撮影だったのですが、阪口さんにとって夏休みの特別な思い出はありますか?

夏休みは3期生オーディションの期間っていう感じがいまだにします。中学3年生のときの夏休みですが、そのイメージでいっぱいですね。友達とかはみんなけっこう受験に備えて塾に行ったり、ちゃんと遊びに行ったりして満喫していたんですけど、私は一人、ずっと結果待ちでドキドキしながら連絡を待っていました。

―待っている間に遊びに行っちゃおうとかは考えなかった?

全然考えなかったです。自分は違うんだ! アイドルとして頑張るんだ! って覚悟を決めていたので、ひたすら連絡を待っていました。


インタビューの全貌、その他のグラビアは「Platinum FLASH[プラチナフラッシュ] vol.5」でチェック!

クリックで購入へ

この記事の画像一覧