わーすた、最新曲『タピオカミルクティー』 誕生にまつわる専門店「THE ALLEY」と念願のコラボ決定

アイドル 公開日:2018/07/11 26
この記事を
クリップ
}/

2018年6月20日にリリースされた わーすたのmini album『JUMPING SUMMER』に収録されている、最新曲『タピオカミルクティー』の楽曲誕生のきっかけとなった関東を中心に大人気のティースタンド「THE ALLEY」とのコラボキャンペーンが決定した。

わーすたの楽曲『タピオカミルクティー』が誕生したきっかけは「THE ALLEY」のタピオカミルクティーだった。わーすたのファンであり、事務所の先輩でもある アーティストDa-iCE工藤大輝さんがわーすたのライブを鑑賞で訪れた際に持ってきた差し入れが「THE ALLEY」のタピオカミルクティーだった。わーすたのメンバーはそこで初めてタピオカミルクティーを飲んで以来、毎日のようにこのタピオカミルクティーを飲む様になったのだが、そんなエピソードを聞いたDa-iCE工藤大輝さんが、素敵な話だという事で、親交のあったアーティスト「WHITE JAM」のメンバー SHIROSEと共同制作という形で生まれた楽曲がわーすたの『タピオカミルクティー』なのであった。




『タピオカミルクティー』にはパフォーマンスのダンスの振付で、タピオカミルクティーを飲む仕草を取り入れられており、初披露のライブステージではアンオフィシャルでありながら「THE ALLEY」のカップを実際に使っており、こっそりアプローチをしていた。

 ステージのパフォーマンスで使用したことが、ライブ撮影可能ということを特色としてるわーすたならではで、ファンの撮影写真など、SNSを通じて「THE ALLEY」にも伝わっていたといい、改めて、是非コラボレーションしませんかと、わーすた側から正式に持ちかけたところ、快諾に至り今回のキャンペーンが実現した。

「今回、THE ALLEYさんとコラボさせて頂くことになり、すごくすごく嬉しいです!もともと、私たちが好きすぎて飲みすぎていたことからできた『タピオカミルクティー』という曲から、まさか、メンバー自身も普段から頻繁に通い詰めているTHE ALLEYさんとコラボさせていただけるなんて本当に夢のようです!タピオカミルクティーをたくさん盛り上げていけたらなと思います」

若者を中心に大人気となっている『タピオカミルクティー』。日本に続々と出店ラッシュの「THE ALLEY」、わーすたと今まさに旬なコラボレーションが実現し、この夏いっそう熱くなりそうだ。