SKE48、史上最速梅雨明けの関東で灼熱リリイベ

アイドル 公開日:2018/07/01 51
この記事を
クリップ

SKE48が、2018年7月1日、神奈川県川崎市にある、ラゾーナ川崎プラザ2F ルーファ広場 グランドステージにて、最新シングル『いきなりパンチライン』の発売記念イベントを開催した。

 関東地方は、史上最速の梅雨明けで、この日の川崎は30度を超える真夏日を記録。真夏日にふさわしいアツいSKE48がステージに姿を現すと、ルーファ広場に集まった多くの観客の大歓声が飛び交う。

 「overture」から1曲目は『パレオはエメラルド』で夏全開をアピールし、会場は一気にハイテンションに。『夏よ、急げ!』、『意外にマンゴー』『無意識の色』と歴代の大ヒットシングルが続き、最後に7月4日にリリースされる23枚目シングル『いきなりパンチライン』を披露した。




 終演後、SKE48キャプテンの斉藤真木子は「こんなにたくさんの方に来て頂いて、これが夢だったのかなぁと思うくらい楽しかったです!目の前に広がるたくさんの方が私達を見に来てくれたのかなぁと思うと、本当に信じられない気持ちもあったんですけど、いつも応援してくださってる方はもちろん、今日たまたま足を止めてくださった方にこれから、10周年を迎えるにあたってSKE48を一緒に盛り上げてくれる方がたくさんいてくれたら嬉しいな、と思いました。今日はありがとうございました!」と話し、更に、今週リリースのシングルについて聞かれると、「今のSKE48にぴったりな、情熱的な『攻めた』楽曲になっていると思います。前シングル『無意識の色』と全く変わった雰囲気の楽曲ですが、シングル発売に伴いSKE48の勢いを今一度ここで証明できるようにメンバー一同精一杯活動して、このシングルを盛り上げていければと思っています」と語った。

 このアツい夏は、アツいSKE48一色の夏になりそうだ。

 

この記事の画像一覧 (全 7件)