けやき坂46東村芽依、”泣き虫めいめい” 実は超アクティブ派

アイドル 公開日:2018/06/24 58
この記事を
クリップ
}/

「FLASHスペシャル2018初夏号」(6月23日発売・光文社)では、けやき坂46(ひらがなけやき)キャプテンの佐々木久美に「喜怒哀楽が全部涙」と言わしめた、”泣き虫めいめい”東村芽依の撮り下ろしグラビアが登場している。

ふだんはおっとり。バラエティー番組でのコメントが貴重?な”めいめい”、実はめちゃめちゃ運動神経が良くてアクティブ派。「休みの日はいつも外」という、めいめいと出かけてみた。




―2回めというソロでのグラビア撮影でしたが、いかがでしたか?

最初は緊張してたんですけど、あんまり撮影っぽい感じじゃなかったから、めっちゃ楽しかったです!

―「マダム・タッソー」を見てまわったり、公園でバドミントンやバッティングをしたり、もはや半分遊びみたいな感じでしたもんね(笑)。

だから楽しめたんやと思います、うふふ。「マダム・タッソー」はお姉ちゃんが前に遊びに行ってて、そのときの写真を見せてもらったことがあったから「ここか!」ってなりました。蝋人形が全部本物みたいですごかったです。

―印象に残っている蝋人形は?

えっと、(ウサイン・)ボルト。

―一緒に撮った写真を使っていなくてすみません(笑)。そういえば、少し前の『欅って、書けない?』の運動会企画で、めいめいが意外と足が速いことが発覚しました。

あのあと、握手会でファンの人から「あんなに足が速いとは思わなかった」ってたくさん言われました。「ふだんはそんなにおっとりしてるのに、足は速いんだね」って(笑)。

―最後の漢字ひらがなのリレー対決ではアンカーで独走していましたが、学生時代の体育祭とかでもリレーの選手に選ばれていました?

なんか、私の学校は選ばれる方式じゃなくて、やりたい人がやる感じやったんですよ。だから毎年、リレーの選手を決めるときに、運動好きの友達と一緒に立候補してました。


インタビューの全貌、その他のグラビアは「FLASHスペシャル2018初夏号」でチェック!

クリックで購入へ

この記事の画像一覧