SKE48松井珠理奈「総選挙」新女王「名古屋に生まれてよかった、イチバンの時代がやってきました!」

アイドル 公開日:2018/06/17 74
この記事を
クリップ
}/

SKE48結成当初からグループをけん引、良い時も辛い時もSKE48一筋で10年間第一線で活躍してきた松井珠理奈が、194,453票を獲得、ついに総選挙で女王の栄冠を手にした。

イベント終了後、恒例となったベスト16メンバーと、1位だけのフォトセッションに感慨の表情を見せた松井。1位の感想を聞かれると「これ(トロフィー)を手にしたらもう離したくなくなりました。去年一昨年の3位の時のトロフィーは片手で持てたんですけど、(1位のトロフィーは)こんなに重くて、指原さんはあらためて尊敬できる先輩です」と3連覇した指原を敬い、ねぎらった。このトロフィーを手にしたのがナゴヤドームだったことに関しては「名古屋に生まれてよかった。これがすべての答えです」と笑顔を見せた。




「名古屋のみなさん、やっと、やっと名古屋がイチバンの時代がやってきました!」と名古屋愛あふれるコメントを贈り、トロフィーをあらためて見つめた松井。「いま見たら(トロフィーの頂が)ダイヤモンドでした。実は私も同じダイヤモンド付けてます(指に)。やっぱり私は”大声ダイヤモンド”から始まったんだと思いました。だから大声で叫ばせてください。ファンのみなさん”大好きだー!”」と自身が初めてセンターを務めたAKB48の10thシングル『大声ダイヤモンド』の歌詞になぞらえてメッセージを贈った。

松井の1位の公約は”名古屋でパレード”、その実現に向け大きく前進した。ひたむきに10年努力した結果が名古屋の地で大きく結実した。

この記事の画像一覧