SKE48須田亜香里 無敵の”軟体女王”、安定の強さ見せる

アイドル 公開日:2018/06/15 56
この記事を
クリップ
}/

48グループNo.1軟体メンバーと言えばSKE48須田亜香里。5年前のバラエティー番組「関ジャニの仕分け∞」の「柔軟女王決定戦!」 企画でリンボーダンスで何cmまでバーを下げられるか?に挑戦し、圧倒的な軟体ぶりを発揮して、”軟体女王”となったあの日から年月は経ち、今や「超人女子」(テレビ朝日)でそれは継承され、4月の放送では25cmのバーを潜り、その座を確固たるものにした。




14日深夜に放送された同番組では、”須田より軟体”を豪語する新たな刺客が登場。”軟体女王”の座を掛けて、熱い女の戦いが繰り広げられた。

各ジャンルから強者が集まったが、超薄型バレリーナ土井亜莉沙との一騎打ちとなり、29cmの挑戦で土井が惜しくも敗退。この時点で須田の女王防衛は叶ったが、4月に記録した25cmからさらに1cm低い24cmという、自己記録の更新に挑んだ。24cmとは一般的な車の地面から車体の隙間の高さ。そんな未知の幅を、須田はなんとクリア。「須田には背骨があるのでしょうか!驚異の可動域はまさにオクトパス!」と実況アナウンサーも興奮気味。須田が余裕の笑顔で「それぞれのジャンルを突き詰めていらっしゃる皆さんとやるのは、すごく楽しいし刺激になるので、頑張ろうって思うし、なのでぜひ”#須田より軟体”お待ちしてます」とコメントした。

地元開催で気合の入る「AKB48世界選抜総選挙」では、上位ランクインが期待され、須田自身は「1位しか目指さない」とファンに公言している。その軟体を駆使し、狭き幅をスルリと抜けて、栄冠を手にするのか?開票まであと1日となった。

写真:ⓒAKS/@dasuwaikaa 

この記事の画像一覧