菅井友香、欅坂46 3人目の写真集に「奇跡でしかありません」

アイドル 公開日:2018/06/06 33
この記事を
クリップ
}/

欅坂46のキャプテンとしてグループをまとめている菅井友香。小学5年生から始めたという特技の馬術が物語るように、生粋のお嬢様として知られ、ファンの間では"菅井様"とも呼ばれれている。そんな彼女が待望のファースト写真集『フィアンセ』(講談社刊)を発売。その発売記念イベントが5日、東京・新宿の福家書店 サブナード店で行われ、癒やしの笑顔で報道陣を釘付けにした。

黒の水玉模様が入ったホワイトのワンピース姿でイベント会場に現れた菅井。まさに"お嬢様"と呼ぶに相応しい出で立ちで、思わず「菅井様!」と呼びたくなるのも頷ける。




そんな彼女に報道陣が「菅井様と呼べばいいですか?」と質問。すると「菅井で大丈夫です~(笑)。というか、何と呼んでもらっても全然大丈夫ですから」と照れた姿があまりにも眩しい。そんな菅井の魅力が凝縮された写真集は、初めて訪れたというフランスで撮影されたもの。「ずっと行ってみたかった国で、今までは映像でしか見ることができませんでした。実際にフランスへ行ったら、美しさが全然違くて、感動の連続でしたね。大好きな馬に乗ったり美味しいご飯を食べさせていただきました」と撮影とは言え、初めてのフランスを満喫したようだ。

「とにかく景色が綺麗なので、そこに注目して欲しいですね。写真集を見た家族からも『背景がすごいね!』と言われました。そのぐらい、フランスの景色が綺麗なんですよ!」とフランスの景色にゾッコンの菅井。

「お気に入りの一枚はパリのホテルの前で撮影したんですが、とてもゴージャスな衣装を着させていただき、まるでパリに住んでいる気分になりました♪」とパリジェンヌ顔負けのショットがイチオシだという。初めて披露した水着姿やランジェリー姿についても言及。「すごい恥ずかしかったですね(笑)。学校の授業でもスクール水着になるのが恥ずかしくて、見せたくないからコソコソと泳いでいたぐらいですから」とさすがに人前では羞恥心を感じるようだが、「スタッフの皆さんが本気で良いモノを作ろうとしている姿を見て、私もそれに精一杯応えようと思うようになり、水着姿の撮影では私から提案したりしました」と憧れの国での撮影が彼女を開放的にさせたという。

欅坂46のメンバーとしては、長濱ねる、渡辺梨加に続いて3人目の写真集となるが、長濱の写真集『ここから』(講談社)は、2018年上半期の写真集ランキング1位を獲得するなど、大ヒットを記録している。「ねるちゃんの写真集は私も見ましたが、可愛いし素晴らしくてすごいなって思いました」と感想を語った菅井に、「超えてやろうと?」と報道陣が問い掛けると「いやいやいや(笑)。私の写真集を出させていただいたことは、奇跡でしかありません」と謙遜。とは言え「色んな思いを乗せ、自分のすべてが詰まった写真集です。少しでも皆さんに見ていただいて、元気になってもらえる一冊になればいいなって思います」とアピールし、「スタイルや胸がすごいね!って褒めてくれました。でも水着姿をメンバーに見せるのも恥ずかしいですね(笑)」とメンバーからも大好評という菅井のファースト写真集は、初版で10万部を超えたという。