HKT48春ツアー福岡でファイナル、指原莉乃「劇場の夢諦めていません」

アイドル 公開日:2018/05/28 21
この記事を
クリップ
}/

2月25日(日)より神戸市/ワールド記念ホールを皮切りにスタートした約1年ぶりのライブツアー「HKT48春のアリーナツアー2018~これが博多のやり方だ!~」が27日、HKT48の地元・マリンメッセ福岡にてツアーファイナルを迎えた。今回のツアーは福岡公演を含め、約53,000名を動員している。

開演とともにメンバーが客席各所に登場し、今回のツアーの為に書き下ろされた新曲『ぶっ倒れるまで』からスタートしました。指原莉乃が「今日はみんなで最高の思い出作りましょう!」と声を上げると、会場は大歓声で応え、早くも熱気に包まれた。冒頭のMCで松岡菜摘が「2月から始まった春のアリーナツアーですが、ついに福岡に戻ってくることが出来ました」と話し、続けて指原は「こんなに広い会場が埋まるとは思わなかった…さすが地元です!来てくださってありがとうございます!」と笑顔で会場を見渡していた。





ツアーファイナルとなる福岡公演では、これまでの会場でパフォーマンスしてきた<1人1曲センター曲披露>のメドレーコーナーを一新し、昨年末に発売したファーストアルバム『092』収録曲や、5月2日に発売した11thシングル『早送りカレンダー』収録曲など初パフォーマンス楽曲を続けて披露。2期生の楽曲『僕らのStand By Me』では、怪我の為、活動を制限している秋吉優花と岩花詩乃、そして朝長美桜が登場すると大きな歓声が上がった。そして指原莉乃・宮脇咲良・田島芽瑠・朝長美桜の4名で初披露した『2018年の橋』では、歌唱メンバーである兒玉遥(休演)の映像も映し出され、メンバーが涙ながらに歌い上げるシーンも。また、ライブ中盤では、今年3月31日のさいたまスーパーアリーナでデビューしたドラフト3期研究生も初めて各チームに加わり、チームHは新公演として予定されているAKB48チームK劇場公演の6th Stage RESET公演から、『RESET』を一足先に披露した。

夜公演のアンコールでは、約2年ぶりとなる新メンバーオーディションの開催をサプライズ発表。今回、第5期生の募集となるオーディション開催を受け、指原は「可愛い女の子、是非集まってください!」と呼びかけていた。

最後に、感想を聞かれた月足天音は「このコンサートに参加してアイドルになって良かったなと思いました」と号泣。松岡はなも「こんなに楽しかったのにもう終わっちゃうから寂しい…」と顔を歪めて大号泣し、その様子に笑いが起こっていた。指原は「私たちまだまだ劇場の夢も諦めていませんし、本当にみんな動いてくれているので、もう少しだけ待っていてください!」と力強く話すと温かい拍手が起こり、アンコールラスト『12秒』で幕を下ろした。

ⓒAKS

関連タグ