世界標準KAWAIIアイドルわーすた 新曲MV公開

アイドル 公開日:2018/05/25 49
この記事を
クリップ
}/

WHITE JAM SHIROSEと、Da-iCE 工藤大輝 が共作したことでアイドルファンの間でも話題のわーすた最新曲『タピオカミルクティー』のMVがついに公開された。

Da-iCEのリーダー工藤大輝は様々なアイドルグループのパフォーマンスや楽曲を研究しており、いちアイドルファンとしてもわーすたのライブに足を運んでいた。工藤大輝の所属するダンス&ボーカルグループDa-iCEに多数が曲提供しているアーティスト「WHITE JAM」のSHIROSEと工藤大輝がともにわーすたに注目したタイミングで、わーすたに楽曲提供をしようと意気投合し制作された経緯がある。




<WHITE JAM SHIROSEコメント>

―「わーすた」の印象は?

「わーしっぷ※に会いたいな」と、ふだんからクチグセのように言っているメンバーたち。ライブにいってみると、お客さんたちも、1分1秒をたいせつにしているのがとても伝わった。(※わーしっぷ=わーすたファンの総称)最後のいっきょくになると、ラストスパートの盛り上がりのなか、表情はというと、泣いている人さえいた。きっとこの日を待ちわびて、ほんとうにたのしみにしてきたんだと思う。ライブのラスト、告知をしている時でさえ、泣きそうなわーしっぷ。すごい。何かを握りしめるように聴くお客さんたちと、この時間が終わってしまうことをおしむ、わーすたの5人、あとスタッフさんたちもみんな「愛が溢れてる」。それが、初めての印象でした。

―新曲『タピオカミルクティー』について。

このラストの一秒、ラストの一滴まで、大切に飲み干すような気持ちを、曲でも描けたらどんなに素敵だろう。そう思って実はもう初めてライブをみた日から、ペンを握ってました。見たまんまの光景を描いたから、この曲が鳴ったラストの時間をかけがえないと思ってもらえるような気がしていた。見たものをスケッチしただけだから。特に印象的だったのは、メンバーが自分のパート以外も、練習をしてくること。自分のパート以外も、歌詞の意味をきいてくるし、なんなら歌詞をちょいちょい変えてくる。決まった歌詞についてメンバー同士でも凄く話しあっている。きっと、この言葉や歌詞を届けている時に、わーしっぷがどんな顔をするのか、想像してるんだろうなと思った。僕の友達にもわーすたがめっちゃ好きな友達がいたので、そばをたべながら、曲の相談をした。それがDa-iCE工藤大輝。ぼくの周りのクリエイターたちにも、わーすたは絶賛っぽくて嬉しい。「ほかのアイドルと全然ちがう」と、皆はいう。好きな人とのお茶の時間と、わーすたのライブって似てる。お客さんにとっても、メンバーさんにとっても、ラストの一粒のタピオカ、どんな顔でのみほすのかがもちろん気になる。そして、この文章をかいているのが、実はタピオカミルクティーのミュージック・ビデオの解禁日!数時間後には、わーしっぷのタイムラインにも届くのか。タピオカミルクティーをのみながら、夢の時間へ行ってきます。飲みながら見ることをオススメするし、何度もおかわりしてほしい。ライブの日の帰り道にも、寂しくなったら、この曲をききながら帰ってほしい。さいごに。「Just be yourself」というきょくが、ぼくがわーすたで一番好きな曲。僕達の右足はいつも踏み出すことを迷ってる。なんて素晴らしい歌詞なんやろ。メンバーも、このフレーズをたいせつに思っているのが、伝わった。またこんな曲をこえれるように、これからもわーすたを応援させてもらいたい。


Da-iCE 工藤大輝コメント>

―新曲「タピオカミルクティー」について。

今までとは少し違ったテイスト、でも「良さ」は消さないように、可愛くカッコよく、そして楽しく、をテーマに作りました。みんな本当に可愛くて真摯で、そんな最高の5人に楽曲提供できて嬉しいです。この夏、わーすたがもっと沢山の人に知ってもらえますように!


歌詞は、わーすたのワンマンライブに観覧に来場した際『タピオカミルクティー』をメンバーに差し入れたことがきっかけになっている。曲調はこれぞ青春!というような甘酸っぱいテイストで、メロディもダンスクラシックスを取り入れたおしゃれで爽やかな曲。わーすたの新たな一面が垣間みれるスタイリッシュな曲調となっている。

今作MVで着用している衣装は「究極のKAWAII衣装」に仕上がった。タピオカミルクティーの擬人化をイメージしたというデザインはわーすたの衣装ではお馴染みとなった、モデルの木村優が書き起こした。タピオカミルクティーの発祥である、台湾を含めたアジアンテイストなフォルムに、タピオカのつぶがちりばめられ、背中にストロー型の「尻尾」が飛び出るというインパクト抜群なものに仕上がっている。

わーすたにとってMVでは初のロケ撮影で実際に「KAWAii」カルチャーの発祥の地、「原宿」のど真ん中を制服を着たメンバーが歩いて踊った。「タピオカミルクティー」を片手に街中で遊んでいるシーンや、JR原宿駅前、裏原キャットストリート等で踊って撮影時も注目を集めた。

6月20日に発売されるMini Album『JUMPING SUMMER』を引っ提げた、全国ツアーが6月24日(日)からスタートする。

この記事の画像一覧