乃木坂46山下美月「今も選抜メンバーという重圧を背負いきれていない気がして…」

アイドル 公開日:2018/05/26 62
この記事を
クリップ

いま最も輝いている美女をクローズアップするムック「PlatinumFLASH プラチナフラッシュ vol.4」(5月25日発売・光文社)では、20thシングル『シンクロニシティ』で選抜入りを果たした、乃木坂46 3期生 山下美月の撮り下ろしグラビアが登場している。

高校を卒業し、芸能活動に専念。旬の3期生のなかでも、その美貌でとくに輝きを放つ彼女と、1日デートはいかがだろう?カメラ、カフェ巡り、そしてちょっぴり大人なゴルフ、夢のような時間をあなたに。




―今回の撮影テーマは一日デート。カフェ巡り、ゴルフと休日感たっぷりで撮影しましたが、ふだん、お休みの日は何をしていますか?

オフの前日はつい夜更かししてしまうので、お昼過ぎに起きて、またちょっと寝て、撮りためていたドラマを観て、また寝…です(笑)。あ、でも時間があれば、パンダのシャンシャンに会いに行きたいなと思っています。フラミンゴやウサギも好きなので、動物園に行こうかな。どちらにしても、最近は一人で過ごすことが多いです。乃木坂46に加入したてのころは「3期生はこの日全員休み」みたいな日があって、よくみんなと一緒に過ごしていました。

―最新シングルでは3期生から山下さんをはじめ4人が選抜入りし、選抜入りを逃した8人も4月には舞台『星の王女さま』がありました。それぞれ忙しい日々ですよね。

そうですね。私を含め4人は選抜としての活動が始まって、舞台のメンバーは稽古に行って。これまで、『3人のプリンシパル』、『見殺し姫』と3期生全員で舞台を経験してきていたので、一緒に出られないのは正直寂しい気持ちもありました。でも、(舞台メンバーから)稽古の合間に「このシーンは絶対見てほしい」とか、いろいろ話を聞くことができたし、一緒に舞台に出なくても刺激をたくさん受けて吸収できるものがいろいろあるなって思えました。

―お互いに切磋琢磨できる存在なのですね。では、実際に初の選抜での活動はいかがでしたか?

「MVを撮ったら実感が湧くよ」って言われていましたが、撮影が終わって もいまだに選抜入りした実感はないんです。選抜発表のときに涙が出ましたが、喜びで泣いたというより、わけがわからなくて泣いてしまったという感じです…。私はまわりの方によく、発言や行動などをしっかり考えて話していると評価していただくこともあって、〝準備型アイドル〟ともいわれるんですが、まさか選抜に選ばれるとは思っていず、なんの準備もできていなかったんです。今も選抜メンバーという重圧を背負いきれていない気がしています。実力が選抜という場所に追いついていないということは、自分でもわかっていますし、やっぱり緊張の連続ですね。選抜メンバーの楽屋にいると、口数も減っちゃうし(笑)。


インタビューの全貌、その他のグラビアは「Platinum FLASH[プラチナフラッシュ] vol.4」でチェック!

クリックで購入へ

この記事の画像一覧 (全 3件)