AKB48田野優花、峯岸チームK公演千秋楽で卒業

アイドル 公開日:2018/05/15 75
この記事を
クリップ
}/

5月15日、峯岸チームK「最終ベルが鳴る」公演の千秋楽が秋葉原AKB48劇場にて行われた。また、本公演は田野優花の卒業公演となった。他のチームも同様に順次、千秋楽公演を迎えていく。

開演前の影アナウンスは当日卒業する田野優花がつとめた。開演前は目に涙を浮かべていた田野だが、幕が開くといつも通りの力強いパフォーマンスを見せていた。他のメンバーも負けじとパワフルに踊っている姿が印象に残った。

自己紹介のお題は「チームKで成長したこと」。キャプテンの峯岸は今までのチームの中で一番賑やかな楽屋だったと明かし、コミュニケーション能力が上がったと言う。

ユニットコーナーの『22人姉妹の歌』では、途中で昇格した久保怜音の名前が楽曲に入っていないと久保を溺愛する藤田奈那が嘆き、最後に本日からの意見をとりいれた23人目の紹介を披露していた。





AKB48をこの日卒業する田野優花の卒業セレモニーはソロで『ジグソーパズル48』から始まり、“たのとむ“(武藤十夢)の2人で『だから君が好きだから』、最後は同期の高橋朱里・佐々木優佳里・大森美優も駆けつけ、12期生5人で『前しか向かねえ』を披露した。田野は「アイドルには向いていなかったけど、誰よりもステージを楽しんでいた自信があります。AKB48を離れても、自由に好きなことをやっていきたいです。これからも田野優花の、そして大好きなチームKの応援を宜しくお願いします!」と締めた。

そして、峯岸チームK最後の曲として『草原の奇跡』を公演メンバー全員で披露。峯岸は「チームKのみんながどこに行っても幸せになるよう願っています。でも、女性としての幸せは私が一番に掴みたいです。」と言い笑いがおきていた。「これにて、峯岸チームKは解散になります!」の一言で千秋楽は終演した。

チームA、チームB、チーム4も順次、5月中に千秋楽を迎えていく。

ⓒAKS

この記事の画像一覧