指原2連覇なるか?過去AKB総選挙の速報と結果は

アイドル 公開日:2014/05/21 2
この記事を
クリップ
}/

指原莉乃が圧倒的な得票数で「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」速報で第一位となった。


ここで、過去の総選挙での速報と結果はどうだったのか?まずは【AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」】。こちらでは、速報一位の前田敦子がそのまま逃げ切り一位、【AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」】では速報で二位の大島優子が逆転一位、【AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」】は速報で二位の前田敦子が逆転一位、【AKB48 27thシングル選抜総選挙〜ファンが選ぶ64議席〜】は速報で一位の大島優子が逃げ切り、【AKB48 32ndシングル選抜総選挙〜夢は一人じゃ見られない〜】は速報で一位の指原莉乃が逃げ切りとなっている。



前田敦子、大島優子というライバル同士の熾烈な順位変動劇はあったものの、基本的には速報値がそのまま本番の結果でも反映されている形だ。また今回、速報値で指原莉乃の票が37582票と去年の28516票から大幅に伸ばし、二位との差も去年同等に1万票以上ある。圧倒的な強さで君臨する女王・指原。味の素スタジアムでも最後に名前を呼ばれるのはこのまま、指原となるのか?(C)AKS


【クリックでゲット!】HKT48楽曲!
【見ないと遅れる】
・AKB総選挙大島優子の13万票はどこへ行く?
☆指原莉乃ジャージ卒業は「秋元さんに言われて」
☆大島優子の後継者!激化する渡辺、松井、島崎、山本のセンター争い


この記事の画像一覧