SKE48高柳明音の“巨匠”ぶりがスゴい、本人は「たまたまです…」

アイドル 公開日:2018/05/09 69
この記事を
クリップ

Da-iCE工藤大輝和田颯がリーダーを務めるエイベックス・マネジメント学園「写真部」の動画が公開され、SKE48高柳明音の“巨匠”ぶりがスゴい。

今回、代々木公園に桜を撮影しに行こうと予定していた写真部。しかし、その日はあいにくの雨ということで急遽、桜餅を購入し、春を感じるテーブルフォト撮影の自主トレを行った。

テーブルフォトの撮影は、写真部としては2度目。以前マザー牧場に行った際に、フォトグラファーの出水先生を迎え、テーブルフォトのポイントをリーダーふたりと東京女子流庄司芽生は既に習っている。そこで、その時はまだ参加していなかった新入部員である久保田秀敏、SKE48高柳明音わーすた廣川奈々聖にレクチャーすることに。

庄司芽生が、「マクロレンズを使うのもあり」というポイントをあげると、「持ってきました」とSKE48高柳明音が即答。まさかのマクロレンズ持参に全員が驚き、思わずリーダー和田颯から「巨匠!!」との声が上がるほど。照れながら「たまたまです…」という姿が可愛すぎる。と言っても「たまたまマクロレンズを持っているアイドル」というのはおかしな話だが。




そんな巨匠の準備の良さにも驚かされながらもテーブルフォトの撮影開始。まずは創設メンバーでもある庄司芽生がインスタ映えも意識しながら撮影に挑戦。すると、ある意味恒例となった“撮影するアイドル部員を撮影”する工藤大輝。アイドル部員が3人になった今、工藤大輝の裏撮影も絶好調だ。

工藤大輝本人も「こちらが本業」とまで言いだし、続くわーすた廣川奈々聖SKE48高柳明音の撮影時もアイドル撮影会に熱を入れており、公私混同のワクワクが止まらない活動となっていたようだ。

撮影を終えた部員一同は、自信の1枚を発表。今回は先生無しの自主トレだったとはいえ、全員なかなかの写真に仕上がっていた。そんな中、1回目の部活参加ではあまりのカメラ好きから高待遇を受けていた久保田秀敏が自らを“巨匠”と呼び始める。高柳明音の腕前から“巨匠”と呼ばれることにライバル心を持っていた様子。

高柳明音の加入で、秒殺で剥奪された“巨匠”ポジションを再び奪い返すべく、“巨匠”の称号を争う戦いが勃発してしまうのか?

この記事の画像一覧 (全 3件)