神宿ツアーファイナイル、6月に関西ツアー決定「絶対に大きくなって戻ってくるから」

アイドル 公開日:2018/05/07 70
この記事を
クリップ
}/

5月2日、3日、原宿発5人組アイドルグループ・神宿(かみやど)の全国ツアーファイナルが、渋谷WWWXで開催された。昨年11月から、およそ半年をかけての全国ツアーが完結、同時に6月の関西ツアーが発表され、また新たな目標に向けて走り出した。

神宿は昨年11月14日、タワーレコードとのコラボレーベル「神塔」から、『原宿発!神宿です。』と『原宿着!神宿です。』のアルバムを2枚同時リリースした。今回の全国ツアー『神宿全国ツアー2017-2018 〜はじめまして!神宿です。〜』は、昨年11月11日、大阪あべのでのリリースイベントからスタートした。

2枚のアルバムを引っさげて、今年3月まで全国各地を回り、48本のリリースイベントと、14本の1000円ライブをこなしてきた神宿は、続けて、カラオケ・ビッグエコーとのコラボで、同店の「パーティーコース」応援ソングとなる『HAPPY PARTY NIGHT』を5月9日にリリースすることを発表。今度は新曲を引っさげて、3月10日の柏PALOOZAから、全国18ヶ所19公演のライブハウスツアーをスタートさせた。





渋谷WWWXでのファイナル2DAYSは、3月からのライブハウスツアーの最終公演であると同時に、半年間続いた長い長い全国ツアーの集大成ともいえる公演となった。

2日のDAY1では、アンコールでスペシャルゲストのしまじろうが登場。神宿メンバーと一緒に『内臓サイコー』を初披露した。同曲はテレビ東京系『しまじろうのわお!』で、5月12日からオンエアされる新しいうたコーナーで紹介される曲。テレビでのお披露目の前に一足早く、神宿ファンの前でライブでのお披露目となった。

また、この日は、『HAPPY PARTY NIGHT』のカップリングである『好きといわせてもらってもいいですか?』も初披露。淡い恋心を歌ったキュートなラブソングで、明るく元気な全力パフォーマンスを売りにしてきた神宿にとっては、これまでに歌ってこなかったタイプの楽曲となっている。

3日のDAY2は、本当に本当のツアーファイナル。DAY1も満員となった会場が、この日は超満員とも言える動員と熱気に包まれた。初日を経験して良い意味で肩の力が抜けた部分と、半年間の集大成を見せようというメンバーの意気込み、そしてファイナルに駆け付けたお客さんの熱量とが混ざり合って、神宿としても歴代のベストといえるようなライブになった。

アンコールでは、6月9日から関西ツアーが始まることが発表された。MC担当の羽島めいは語る。「また、神宿どこか行っちゃうのかよって思う人もいると思いますが、6月に関西に行って、ちょっと試合してきます。この試合は絶対に負けられないです。今回のツアーで私たちが得たものは大きいです。でも、まだまだ走り続けなくてはいけません。私たちは関西に行くけれど絶対にまた大きくなって戻ってくるから。関西で、私たち絶対に勝ってくるから、みんなはサポーターとして、私たちのことをこれからも支えてくれたらなと思います。これからも神宿の応援をよろしくお願いします」。

関西ツアーの前には、5月8日から『HAPPY PARTY NIGHT』のリリースイベントもスタート。こちらは関東中心で開催される。最後の挨拶も終わり、ステージからはけていくメンバー。スクリーンが降りてきて、ツアーのエンドロールが流れ出す。ちょうど1年前の初めての全国ツアー、昨年秋の3周年ワンマンのときと同じく、客席から湧き上がる「KMYD」の大合唱。神宿は、束の間の休息を挟んで、次の目標に向かってまた走り出す。

この記事の画像一覧

関連タグ