SKE48、地元名古屋での単独コンサートに14000人が歓喜

アイドル 公開日:2018/04/28 88
この記事を
クリップ

2018年4月28日(土)、SKE48が、地元名古屋の日本ガイシホールにて「SKE48 単独コンサート 10 周年突⼊ 春のファン祭り!〜友達 100 ⼈で きるかな?〜」を開催した。

この日行われた単独コンサートは、昼、夜の2公演が行われ、それぞれが全く別の構成・セットリストという内容。昼公演では、「中⽇ドラゴンズ応援⼤使」就任発表と、SKE48公式ムック本『100%SKE48 Vol.5』の制作決定、「豚旨うま屋ラーメン」の TV-CM 出演決定のサプライズ発表、そして、コンサートでは、「SKE フェスティバル」でライブがスタート、アンコール含め全 33 曲を披露。ユニット曲では珠理奈センターで『天使のしっぽ』を、そして、寸劇や統⼀感ある迫⼒のダンスパフォーマンスで昼公演に集まった 7000 ⼈のファンを沸かした。




松井珠理奈は「⽇本ガイシホールは SKE48 の⼀期⽣の思い出の場所で、さみしいなって気持ちもあったんですけど、今回のリハーサルでメンバーのパワーを感じて、今のSKE48 は最⾼だなって。その気持ちのまま、今⽇、ステージに⽴ってみて、友達(=ファン)って最⾼だなって思いました。でもどんなときでも応援してくださるみなさんは、友達というよりも家族だと思います!」と話すと、会場から⼤きな歓声があがった。

夜公演では、「ラグーナテンボス × SKE48」タイアップが決定し、タイアップ決定に伴い5月19日(土)にSKE48メンバーによるトークショーの開催が決定した旨発表され、コンサートでは、1曲目はダンスナンバーでグループごとのダンスが始まり、メンバーが揃ったところで『Escape』になだれ込む。

ユニットブロックでは、須田亜香里がセンターの『奇跡は間に合わない』で得意の軟体芸を披露し、小畑優奈がセンターの『思い出以上』と激しいダンスで、会場を沸かせ、須田亜香里は「SKE48はダンスがウリだったのに、姉妹グループが増えて、自分たちといえば...を見失いがちだったけど、本当に自分たちの記憶力と体の限界をレッスンから超えながら、今日までこうやって皆さんにお見せするところまで持ってこれたことがとっても幸せで、すっごく充実してました。こんなに、ステージでもメンバーの笑顔が輝いているのって、なかなかないんじゃないかなって思います。一人一人いつ入ったとか関係なく、今のSKEを引っ張るんだという自覚を自分たちでそして、皆さんからの応援もあるからこそ生み出せたんじゃないかと本当に感謝しています」と感謝の気持ちを述べた。

アンコールでは、本日出演したSKE48メンバー65人にちなんだ、65本の薔薇の花束を持って愛知県大村秀章知事が登場。大村県知事は「6月16日、ナゴヤドームで、AKB48世界選抜総選挙が行われます。みなさん、(SKE48メンバーを)全員上位にしてほしい」とファンに呼びかけた。続けて湯浅劇場支配人からは昇格発表が行われ、『未来とは?』で、地元名古屋での単独コンサートは幕を閉じた。

 


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 19件)