NGT48 第2期生最終オーディション合格者19名が決定

アイドル 公開日:2018/04/28 81
この記事を
クリップ
}/

NGT48は、第2期生のオーディションを実施していたが、4月28日(土)に最終審査が、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館で行われ、19名が合格した。

オーディション合格者は、本日はマスコミ向けのフォトセッションにのみ参加した。今後、保護者との面談や意思確認を経て、正式にNGT48第2期生となるため氏名な
どのプロフィールについては、後日公開となる。

今回の第2期生オーディションは、新潟市のご協力のもと、新潟市移住プロモーションとコラボして実施した。最終オーディションの会場は「りゅーとぴあ新潟市民芸文化会館」で行い、篠田昭新潟市長にも審査員として参加、「住みやすく魅力あふれる街・新潟」をPRするにふさわしい人材という観点から意見を述べた。

自治体とコラボしてのメンバーオーディション開催は、AKB48グループにとって初の試み。新潟県内だけでなく県外からも広く、NGT48の未来を担いともに新潟の魅力を発信する人材として、19名の合格者を選出した。お披露目など今後のスケジュールは随時発表される。




NGT48第2期生オーデション実施概要
〈審査内容〉〈応募期間・実施日〉〈参加人数〉
1次審査(書類)2月1日(木)~2月28日(水)4,100名
2次審査(面接)4月7日(土)131名
3次審査(ダンス・歌唱)4月28日(土)53名
最終合格者19名(うち新潟県内出身:8名)
備考:合格者の最年少…13歳(中学校2年生・同学年5名)
合格者の最年長…18歳(社会人・専門学校生の2名)

●オーディションを終えてのコメント
篠田昭(しのだあきら)新潟市長
本日は、オーディションの審査員としいう大変貴重な体験をさせていただきました。新潟市の魅力を若い人たちに伝えようと思ってもなかなか難しいのですが、今回のオーディションを通して、受験者のみなさんが熱心に新潟市のことを調べてくれたり、それを一生懸命に伝えてくれようとして大変ありがたかったです。これからNGT48としての強い発信力を生かして新潟市の良さを、もっともっと全国に発信してくれることを期待しています。

今村悦朗(いまむらえつろう)劇場支配人
まずは、オーディションに参加してくれた皆さん、その親御様に御礼申し上げます。前回のオーディションでは、約30都道府県から応募がありましたが、今回は47の全て
の都道府県から応募がありました。新潟市でNGT48として頑張りたいという子が全国にいたということは、この3年で微力ではありますが、NGT48として新潟の魅力を全国に伝えることができたのかなと思います。事前に想定しいたよりも、魅力的なコが集まってくれたかなと手応えを感じています。御披露目はまだ先ですが、1期生と一緒にNGT48、そして新潟を盛り上げていってほしいです。

ⓒAKS


この記事の画像一覧

関連タグ