AKB48チーム8小栗有以、満を持してのセンターに「自然と涙がこぼれました」

アイドル 公開日:2018/04/30 74
この記事を
クリップ

「FLASHスペシャル2018GW号」(4月20日発売・光文社)では、AKB48チーム8きっての美少女小栗有以の最新グラビアが登場している。

ファンであるならば、彼女が真ん中にいることを一度は想像したであろう。「いつかそうなる」が52thシングル『Teacher Teacher』で現実のものとなった。満を持しての彼女の初センターは、イメージを覆す、オトナなゆいゆいを魅せた。




―センターと知っての感想は?

びっくりしました。いろんな気持ちが溢れてきて、自然と涙がこぼれました。私も立ってみたい場所だったけど、本当に立たせていただけるんだって考えると、感情が落ち着きませんでした。

―家族もお祝いしてくれたのでは?

ちょうどそのころ、お姉ちゃんにも嬉しい出来事があったし、家族の誕生日とも重なっていたので、みんなでご飯を食べに行きました。プレゼント? それ以外にはなかったです(笑)。

―52枚めのシングル『Teacher Teacher』はどんな曲?

先生を惑わせるような内容の歌詞になっています。踊ったことがないタイプのダンスだったので少し戸惑いましたけど、MV撮影にはしっかり準備して臨めました。隣には松井珠理奈さんや宮脇咲良さんといった先輩がいらっしゃったので、今まで以上に頑張らないとセンターとして成立しないなという刺激を感じながらの撮影でした。引きつけられるような表情やダンスをしないと、パフォーマンスで負けてしまうので。この最大のチャンスを生かして、自分をスキルアップさせたいです。

―〝総選挙シングル〟なので、テレビで何度も披露することになりそうです。

えー、怖い(笑)。まだ心の準備ができていないんです。センターだと発表されて、その週にはもうMV撮影だったので。歌番組の収録までには完璧に踊れるようにします。私のことをよく知らない方、未熟だと思っている方に認めていただけるように頑張ろうというのが今のモチベーションです。不安のほうが大きいけど、笑顔で乗り切
りたいです!このチャンスを生かしてスキルアップします!


インタビューの全貌、その他のグラビアは「FLASHスペシャル2018GW号」でチェック!

クリックで購入へ

この記事の画像一覧 (全 3件)