私立恵比寿中学、6人体制初の主演ドラマ決定「きちんとJKになれるかな?」

アイドル 公開日:2018/04/24 64
この記事を
クリップ
}/

現役中学生が1人もいない“永遠に中学生”をコンセプトに、さいたまスーパーアリーナ、武道館、代々木第一体育館とLIVEコンサートを次々に成功させてきた人気アイドルグループ「私立恵比寿中学」(通称:エビ中)。

歌手活動のほか、映画、ドラマ、バラエティ、舞台、モデルなど多方面で活躍中のエビ中は、2018年1月4日から6人体制で「新学期」をスタート。新体制になって初の主演ドラマとなる「君は放課後、宙を飛ぶ」の動画配信が決定。と同時に、6月6日リリースのニューシングル『でかどんでん』のカップリング曲として収録される『響』が主題歌として決定した。

「君は放課後、宙を飛ぶ」は、天文部所属の6人の女子高生に扮するエビ中が、学校の屋上でUFOを発見したことから始まる青春×SF×恋愛×ミステリー。脚本は劇団とくお組を主宰し、ドラマ「きみが心に棲みついた」(18’/TBS)などの人気脚本家・徳尾浩司による完全オリジナルストーリーとなる。




共演には、石原壮馬、都丸紗也華、鈴木理学、佐藤貴史など新進気鋭の若手俳優に加え、実力派の役者陣。撮影は4K(フルHD(1920×1080ピクセル)の4倍の画素数(3840×2160ピクセル)に相当する映像)で行われ、被写体の持つ質感やディテールを高精細に再現している。

「君は放課後、宙を飛ぶ」は、TBSサービス×東映の動画配信WEBコンテンツプロジェクト・第2弾。第1弾「キスのカタチ」(BOYS AND MEN主演×内田英治監督)に続く今作品は、私立恵比寿中学主演×徳尾浩司オリジナル脚本×4K撮影で奏でる至極の12分×12話。女子高生・天文部員となったエビ中が贈る、青春・SF・恋愛・友情・ミステリーがギュッと詰まった、今年の夏必見のドラマが誕生した。

<STORY>
ある日の放課後――天文部員たちは、屋上に突き刺さった一体のUFOを発見する。「……え?」「あれってもしかして……UF……」そして翌日やってきた転校生は、どこか不思議な空気を身に纏っていて……。天文部員の丹羽遼子(真山りか)、高崎まりえ(安本彩花)、粕谷夕妃(星名美怜)、寺西杏奈(柏木ひなた)、宇堂聡美(小林歌穂)、舎利弗凛(中山莉子)は、特にやることもなく、部室にダラダラとたむろする日々。定期的に開催される観測会が迫る中、顧問の柿沼翔一郎(佐藤貴史)は、八ヶ岳での開催を提案する。学校の屋上で済ませようと企む部員たちは、屋上が封鎖されていることを知り、用務員・興梠守(鈴木理学)から屋上の鍵を拝借。そこで屋上に突き刺さった一体のUFOを発見する。翌日、海外からやってきたイケメン転校生・葉山リゲル(石原壮馬)は、その言動がどこか浮世離れしており、部員たちから宇宙人だと疑われる。やがてこのUFO騒動に教育実習生の早乙女永恋(都丸紗也華)も巻き込まれ、天文部員たちの退屈な日々は少しずつ変化していく。一方、墜落したUFOに乗っていた宇宙人は生徒に紛れて、とあるミッションを遂行しようとしていた――それは次の新月までにUFOを直し、とある天文部員を連れ帰ること。彼女もまた、二年前に地球に不時着した宇宙人だったのだ。果たしてUFOは直るのか?そして、一体誰が宇宙人なのか?部員たちの恋の行く末は……? 

1/3ページ