ラストアイドル 突如メンバー3名の卒業発表で一時騒然

アイドル 公開日:2018/04/19 97
この記事を
クリップ

AKB48グループ、坂道シリーズなどトップアイドルたちの総合プロデュースを数多く手掛けてきたヒットメーカー・秋元康氏が、新たな大型アイドルグループを誕生させるべく、昨年2017年8月にスタートした同名オーディション番組から生まれた究極のアイドルグループ、ラストアイドル。同番組のセカンドシーズンではセカンドシングルの表題曲を賭けて、ユニット対抗・プロデューサーバトルを行い、秋元康プロデュース・シュークリームロケッツが見事表題曲を獲得し、バトルは幕を閉じた。

そして、本日4月18日(水)に2ndシングル『君のAchoo!』の発売日を迎え、Zepp DiverCityにて発売記念コンサートを行った。




ラストアイドルファミリー5ユニット総勢25名に、4月から新たにスタートしたサードシーズン(テレビ朝日系毎週土曜深夜0時10分~※一部地域を除く)にて絶賛オーディション中の2期生暫定メンバーの12名もライブ初出演。デビュー予定曲『愛しか武器がない』を初披露した。

コンサートはシュークリームロケッツ『君のAchoo!』で幕を開け、織田哲郎プロデュース・Good Tears『スリル』、つんく♂プロデュース・Love Cocchi『青春シンフォニー』、小室哲哉プロデュース・LaLuce『風よ吹け!』、指原莉乃プロデュース・Someday Somewhere『この恋はトランジット』とプロデュースバトルを繰り広げた楽曲のフル尺を初披露し、会場のボルテージは一気に高まる。

続いて、各プロデューサーの代表曲や指定曲のカバーを5ユニットそれぞれが披露し、サプライズで番組にも出演している審査員・柏原収史、白戸祐輔、竹中夏海、日笠麗奈、そして吉田豪が登場。番組同様に天の声から突如指名された吉田豪が独断と偏見でジャッジを下し、選ばれたLove Cocchiはご褒美として“CSテレ朝チャンネルで冠特番”がプレゼントされ、メンバー一同は大喜び。

その後、ラストアイドルファミリー25人のメンバーをシャッフルしたユニットによる往年の名曲カバーコーナーを挟みつつ、クライマックスは1stシングル収録曲を各ユニットが披露。ファミリー全員曲である『ラスアイ、よろしく』を披露し、ライブ本編は幕を閉じた。

そしてアンコールを受け、突如LaLuce吉崎綾、古賀哉子、Good Tears王林の3人が登場し、急遽卒業することが本人たちの口から発表され、会場はどよめきに包まれた。3人それぞれが涙ながらに卒業に対するコメントを発表。

王林「いつも応援ありがとうございます。この度、Good Tearsを卒業することになりました。1人目の挑戦者としてラストアイドルファミリーの一員となり、とても中身が濃く楽しい時間を過ごさせていただきました!皆さんに本当に心から感謝しています。元から在籍している「りんご娘」の名前を広める為にこれまで兼任して活動をしてきましたが、全部を全力でやるということがどうしても難しく、今回母体に戻る決断をしました。ラストアイドルファミリーのみんな、そしてもちろんGood Tearsのメンバーのことも全員大好きなのでずっと応援しています。残り短い時間ではありますが、Good Tearsの王林をよろしくお願い致します。」

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)