NMB48渋谷凪咲「”峰不二子”さんみたいな爆乳で世の男性を魅了したい」

アイドル 公開日:2018/04/16 75
この記事を
クリップ
}/

NMB48渋谷凪咲がヒロイン役で出演する、ピース又吉直樹主演のシュールな妄想コメディ映画「海辺の週刊大衆」の上演後、公開記念トークイベントがシネ・リーブル池袋で開催された。

MCは元NMB48メンバーの門脇佳奈子が務め、和気あいあいのムードでトークショーがスタート。予てから女優志望の渋谷は「今回こんな素敵な作品に出会えて嬉しかったです。私、演技をすることが夢だったので、目標が叶って、目標を見失いました。何を目指していけばいいのか…」といきなり小粋なジョークを挟み会場を笑わせた。


撮影の苦労話を聞かれると、「すごい砂利道で自転車を2人乗りして走るんですが、横乗りでバランスを取るのが難しくって、顔は可愛い、はにかんだ表情をしているんですが、おなかはバッキバキだったんですよ(笑)。苦労しました」と語った。また共演の高橋努に「48グループでは、凪ちゃんを推しメンにするよ」と言われたという。すかさず門脇からの「選抜総選挙目的?」というツッコみに、満面の笑顔で否定した渋谷。さらに矢本悠馬とは、NMB48公演の生配信を一緒に観たそうだが、「でも矢本さんは乃木坂46さんの大ファンで、乃木坂のために仕事を頑張ってるって言ってました」と寂しそうな表情を浮かべた。

会場からの「次演じたみたい役は?」との質問を受けた渋谷は、「できるならなんでもやりたいです。”カメレオン女優”目指します。敢えて言うなら”峰不二子”さんみたいな。爆乳で(笑)世の男性を魅了したいです。普段がそんなクールな出で立ちでないので(笑)」と笑顔をみせた。

最後に渋谷は「この映画、なんと今週金曜日で(ロードショーが)終わってしまうんですよ。なので、みなさん足しげく通っていただきたいですし、お友達にもお仕事が終わった帰りに”どっか行こう”って言ってここに連れ込んだりして(笑)、ぜひたくさんの人に広めていただきたいなと思います!」と渋谷節であいさつ、笑いの絶えないトークイベントとなった。


原作:せきしろ『海辺の週刊大衆』双葉社刊

監督:太田勇

脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)

主題歌「タイムカプセル 〜10年後の君へ〜」HERO

音楽監督:遠藤浩二

制作:KATSU-do テレビ東京

制作プロダクション:ラインバック

製作:吉本興業

配給:KATSU-do

キャスト:又吉直樹(ピース) 渋谷凪咲(NMB48) /磯山さやか、矢本悠馬、鈴木福、鈴木楽、平田敦子、高橋努

映画情報:2017/日本/カラー/82分/ビスタ

©2017吉本興業 ©せきしろ『海辺の週刊大衆』双葉社




この記事の画像一覧