チームしゃちほこ、路上デビューから6周年記念日にライブ敢行

アイドル 公開日:2018/04/08 61
この記事を
クリップ

名古屋発アイドルグループ、チームしゃちほこが、彼女たちの路上ライブデビュー記念日である4月7日(土)に名古屋の金シャチ横丁にて、フリーライブをおこなった。

「金シャチ横丁」とは、名古屋の武家文化のシンボルであり、尾張徳川家の居城である名古屋城及びその周辺の魅力を一層向上させるとともに、国内外からの来訪者に対して名古屋の魅力を発信することを目的とした施設。今回チームしゃちほこは本施設のテーマソングとして「シャッチーチャンス」という楽曲を提供しており、オープニングセレモニーにも出席、ミニライブにて披露するなどしている。





少し冷え込む気温の中、ライブは早速『シャッチーチャンス』からスタート。本楽曲中にはカメラのシャッター音が鳴りやまないシャッターチャンスならぬ「シャッチーチャンス」タイムが設けられ、なんと撮影可能になるという遊び心溢れる演出がなされている。瞬く間にステージ周辺は人だかりとなり、最初のMCで、「みなさん金シャチ横丁へ、ようこそいりゃんせ~!寒い中、ありがとう!」と全員で切り出すと、坂本遥奈が「今日は久々に5人揃ったということで…おかえり~!!」と肋間神経痛による静養から久々にファンの前に姿を現した咲良菜緒を呼び込んだ。

全員が揃い、「味噌カツ~手羽先~エビフラ~イ、せーの、チームしゃちほこです!ハ――――ッ!」とチームしゃちほこ定番の自己紹介の後、秋本帆華が「今日は4月7日ですよ?何の日かわかる人~?じゃあ~、菜緒!」と問いかける。咲良菜緒が「チームしゃちほこ路上デビュー6周年です!今日で7年目!」と答えると、「めでたいね~♪そんな日は、あの曲やっちゃおうかな。」(秋本帆華)、「ごぶれい!しゃちほこでらックス!」(咲良菜緒)という曲ふりに続いて、『ごぶれい!しゃちほこでらックス』、『恋人はスナイパー』というデビューシングルからの楽曲を2曲続けて披露した。

次のMCで「6年やってきましたよ~!」(秋本帆華)、「6年やると思ってた?始めた時みんな中学生だよ?」(坂本遥奈)、「それが金髪になるなんて。笑。ファンのみんなも変わったんじゃない?」(秋本帆華)とデビュー当時からの思い出を振り返り、さらに最近の個々のメンバーの活動の広がりに触れながら、「こうやって今後も頑張って、名古屋を盛り上げていきたいと思います!」と意気込みを語ると、チームしゃちほこの楽曲の中でも特に名古屋の特色について歌っている『完全満足NGY』を、そして2月28日にリリースしたシングルから『カラカラ』、『JUMP MAN』を、空を覆った厚い雲も吹き飛ばす力強さでパフォーマンスした。

そして最後の曲に差し掛かると、「今日は4月7日、環境が変わった人もいっぱいいると思うんですが、最後は、そんな皆さんにエールを送る曲です。また次の春に会いましょう。」と秋本帆華が語り、『乙女受験戦争』でライブを締めくくった。デビュー当時の楽曲を含む、路上デビュー6周年記念日フリーライブを終えたチームしゃちほこ。デビューからの軌跡を追うことで見えてきたのは、6年の歳月を経てもかわらない彼女たちの輝きと、着実に力をつけ、一回りも二回りも成長した大変貌であった。


現在、チームしゃちほこは、結成以来史上最大本数となる17会場24公演に及ぶ全国ツアー、「チームしゃちほこ SPRING TOUR 2018~日本中でJUMP MAN!?幸せの使者は君だッ!~」の真っ最中。また、6月24日には、チームしゃちほこ主催「SYACHI FES 2018 powered by FREEDOM NAGOYA」が昨年に引き続き、今年も開催予定だ。


2018年、「名古屋発、リーマンショック以降元気のなくなった名古屋を盛り上げるために立ち上がったアイドルグループ」チームしゃちほこが、日本を、そして世界を盛り上げていくであろうことは必至といえる。

この記事の画像一覧