欅坂46長濱ねる「週プレ」ソロ初表紙、圧倒的ビジュアルと透明感に釘付け

アイドル 公開日:2018/04/09 99
この記事を
クリップ

「週刊プレイボーイ17号」(4月9日発売・集英社)では、8日に「2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE」(武蔵の森スポーツプラザ・メインアリーナ)を大成功させたばかりの欅坂46から長濱ねるが初ソロ表紙&巻頭グラビアで登場する。

最近、クイズ番組やバラエティなどでもソロでの躍進が続く長濱。圧倒的ビジュアルと透明感は、彼女がいるだけでやわらかな空気に包まれる、癒しのオーラを放ち続けている。




「週プレ」ソロ初登場となる今回は「透明な羽根」と題し、満開の桜の下、ノースリーブのワンピースで、春風も”ねる色”に染まりそうなほっこり爽やかなショットから始まる。まるで春の妖精のような”ねる”を存分に感じて欲しい。

長濱は、AKB48の51stシングル『ジャーバージャ』Type Eに収録された坂道AKBの第2弾『国境のない時代』でセンターを務めるなど、ますます欅坂46としても目が離せない。

ⓒLUCKMAN/週刊プレイボーイ 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)