矢倉楓子卒コン、いつも全力パフォーマンス”ふぅちゃん”の可憐な勇姿に大熱狂

アイドル 公開日:2018/04/05 86
この記事を
クリップ
}/

2011年、NMB48 2期生として活動開始、その美貌と美白で人気を博し、2013年にはAKB48との兼任も務めた”ふぅちゃん”こと矢倉楓子の「卒業コンサート ~同じ空の下で~」 が4日、大阪・オリックス劇場で行われ、残りわずかとなったアイドル”ふぅちゃん”の姿を目に焼き付けようと大勢のファンが詰めかけた。

全日の市川美織卒業コンサートと同じく、ドラフト3期生の前座のあと「overture」が流れ、緞帳が開くと、矢倉を筆頭に大段舞依、谷川愛梨、林萌々香、山尾梨奈、沖田彩華、東由樹、川上礼奈、西澤瑠莉奈、明石奈津子、石田優美、森田彩花、村瀬紗英、三田麻央、鵜野みずき、古賀成美がスタンバイ、『アイドルの夜明け』を披露し、会場は大歓声に包まれる。メンバーが会場のそこここに登場し、すでにテンションMAX状態で『みなさんもご一緒に』『HA!』『北川謙二』とアッパーチューンで観客の心を鷲掴みにすると、最初のMCでは5期生の山本彩加、岩田桃夏、梅山恋和が矢倉への羨望の思いを打ち明け、続いて2期生メンバーが『Partyがはじまるよ』を披露、そして旧チームMによる『RESET』、チームBIIメンバーで『NMB参上』、そして名曲『普通の水』を立て続けにパフォーマンスし、会場をよりアツくさせた。




『残念少女』『ツンデレ』のあと、18thシングル『欲望者』に収録の矢倉と白間美瑠とのデュエットナンバー『誤解』を初披露。大人っぽい雰囲気の2人にファンも固唾を呑んで見入っていた。『ピーク』『プロムの恋人』、そして矢倉、古賀、谷川が、ホールを縦横無尽に神出鬼没の『フィンランドミラクル』を披露。3人が姿を現す度にその周辺から「うおー!」と歓声が上がり、大いに盛り上がった。フィンランドと言えば、古賀とオーロラを観に行ったロケのダイジェスト映像が流れる。ロケ最終日に奇跡的に晴れ、大きな長いオーロラを見ることが出来た矢倉のテンションの上り様は、先輩、後輩、仲間たちが口を揃える「楓子さん(ふぅちゃん)は、おとなしそうに見えてめっちゃおもろい」という評価を凝縮した激熱パフォーマンスで、会場も自然に笑顔になっていた。

『制服レジスタンス』『ガラスのI love you』、そして昨年の「じゃんけん大会」で2位になったご褒美曲、村瀬紗英とのユニット”ふぅさえ”の『あばたもえくぼもふくわうち』、48グループのコンサートではおなじみの『ハート型ウィルス』を矢倉と、5期生梅山、上西怜のユニットで披露、さらに『心の端のソファー』では期待の5期生のひとり、山田寿々がセンターを務め、さらに太田夢莉、白間、城恵理子、山本彩が『スカート、ひらり』をパフォーマンス、会場がざわめいた。

同期生の東、古賀、三田、石田、鵜野、西澤、林による「ふぅちゃんエピソード」暴露合戦で大いに沸いた後は、新曲『欲望者』をクールにパフォーマンス。つづいてシングルブロックとなり『高嶺の林檎』『甘噛み姫』『ナギイチ』、矢倉がフロートに乗ってノリノリで踊った『ドリアン少年』、『オーマイガー!』とノンストップで弾けると、会場も負けじと割れんばかりの声援を送った。

汗いっぱいに全力で歌い踊るのが矢倉の真骨頂。「ノーメイクですよ!分かります?矢倉楓子ですよ!!」と茶目っ気たっぷりにアピールし、『青空のそばにいて』で本編は終了。

鳴り止まぬ「ふぅちゃん」コールに応えた矢倉は、お姫様のようなピンクのドレスで再登場。「NMB48に加入したころは、こんなふうに卒業コンサートを開いていただけるとは思ってもいませんでした。入ったころはダンスも全然できなくて、笑顔を作ることさえぎこちなくって、全然アイドルっぽくなくて、常にうしろに隠れていました。そんな私を見つけてくださってほんとうにありがとうございます。NMB48に、みなさんに出会えてほんとうによかった。そんな気持ちを知ることができて幸せです。約7年間たくさんたくさんほんとうにありがとうございました」とメッセージを贈ると、会場は温かい拍手と”ふぅちゃん”コールに包まれた。アンコールでは大好きな曲という『冬将軍のリグレット』、そして『自分の色』を歌っている矢倉の目からは綺麗なひとすじの涙が光っていた。

「最後の曲に行く前にサプライズがあります」と盟友白間が書いた心のこもった手紙を披露。「卒業してほしくない」と言い、『RESET』歌唱中に矢倉の存在の大きさを実感したと号泣する白間に、矢倉もまるでこどもにように「うわーーん」と声を上げ号泣。2人の絆と思い出が会場を包み、キャプテン山本ももらい泣きしていた。

最後の曲は、白間とともに初めてWセンターを務めた『らしくない』を熱唱し、卒業コンサートは幕を下ろした。次は10日(火)、NMB48劇場で行われる卒業公演を残すのみ。矢倉がアイドルでいられる時間はあと数日。魔法が解けてしまうまで、どうぞ”ふぅちゃん”を目に焼き付けて欲しい。

NMB48

この記事の画像一覧