モーニング娘。’18 尾形春水が卒業を発表、学業に専念

アイドル 公開日:2018/03/27 66
この記事を
クリップ

モーニング娘。’18の尾形春水が、今春のコンサートツアー「モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2018春~We are MORNING MUSUME。~」をもってモーニング娘。’18及びハロー!プロジェクトを卒業することがオフィシャルHPにて発表された。 

尾形は加入当初より大学進学を希望しており、高校3年生の2017年に4年制の大学を受験したが、合格することは叶わなかった。それから1年、活動しながら受験勉強を続け、今年は4年制大学・短期大学を受験。3月の中旬に受験校の合否が出て、結果短大に進むことが決まった。短大での勉強を通して学びたい学問を定めていき、短大の課程を修了後、4年制大学へ編入したいという彼女の強い意志で卒業という結論に至ったという。

活動のラストはコンサートツアーの最終日程6月19日・20日の日本武道館公演となる。なお、6月1日から始まる『演劇女子部「ファラオの墓~蛇王・スネフェル」』には出演しない。




【本人コメント】

私、尾形春水は、現在行われている『モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2018春~We are MORNING MUSUME。~』のツアーをもってモーニング娘。‘18及びハロー!プロジェクトを卒業します。モーニング娘。の活動を通して、1人でも多くの方に笑顔や元気を届けたいと思い、自分なりに精一杯頑張ってきました。昨年ごろから個人でのお仕事もいただけるようになり活動の幅が広がり、様々な人と関われる機会が増えました。また、メンバーと何かを成し遂げられた時の達成感や、ファンの皆さんからの言葉や笑顔によって、活動にやり甲斐を感じながら取り組んできました。しかしそんな中で自分の将来について考える時間も増え、私は「大学進学」も諦めきれませんでした。この1年は、活動と並行して受験勉強にも励み、尾形春水個人としての実力で挑戦したかったので一般入試で受験し、4月から短期大学への進学が決定しました。進学が決定し、短大のカリキュラムが開示された段階で、活動と大学との両立の難しさに直面しました。また短大での勉強を突き詰めて4年生の大学へ進みたいという自分の気持ちもあったので、改めてモーニング娘。を卒業し勉学に専念したい、と事務所に相談させていただきました。事務所も親も私の決断を理解して、背中を押してくださりました。私はこの「卒業」という大きな決断を無駄にせず、自分の新たな目標に向かって頑張っていきたいと思います。最後に、大学受験の結果を待っていたためツアーが始まっているこのタイミングでの急な発表になってしまい、本当に申し訳ありません。6月20日まで、残り少ない活動期間となってしまいますが、応援してくださるファンの皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、卒業まで全力で活動していきます。引き続き、モーニング娘。’18、そして尾形春水のことをよろしくお願いします。

モーニング娘。’18 尾形春水

 


※本記事は掲載時点の情報です。