市川美織、映画「放課後戦記」”1人で生き抜く”自分に重なる

アイドル 公開日:2018/03/18 72
この記事を
クリップ
}/

2016年10月に初演を迎えると異例の10公演即完売、2017年12月には再演も大盛況のうちに終了という「放課後戦記」。

この「放課後戦記」で新境地を開拓した“みおりん”こと市川美織が、4月7日(土)より映画版として生まれ変わる「放課後戦記」でも再び主演を務めるとあり思いを語ってもらった。





―2016年公開の舞台「放課後戦記」に続き、今回の映画版「放課後戦記」でも主演を務めるわけですが、演じ方の違いでは何を心がけましたか。

市川美織
確かに舞台だと話に合わせて動きやセリフを大きくしたり、伝わりやすい大きなリアクションを中心に考えていたという感じがありますけど、映像では人の表情や心の変化、そういった細かい部分が伝わればと意識しました。

―一足先に映画を拝見しました。フレッシュな返り血を浴びるシーンなど激しい撮影が伺えますが、現場の雰囲気はいかがでしたか?

市川美織
さすがに血を使ったりするシーンでは一歩間違えば撮影が台無しになってしまうので、一発勝負の緊張感はありましたが、それ以外は女の子が集まるわけですから、仲良くしゃべったり、役になりきって台本合わせをしてみたり。

―「仲良くおしゃべり」なんてフレーズがありましたが、撮影の合間にはどんな会話がありましたか?

市川美織
みんな台本を覚えているので、自分が演じるキャラクターじゃない子のキャラのマネをしてみたり(笑) このキャラの衣装いいよね~とか。私は宝示戸顕乃(=遠藤新菜)の衣装がロリータチックでカワイイなと思いました。

―ところで、みおりんの思い出深い放課後エピソードがあれば教えてください。

市川美織
UFOキャッチャーですね。お小遣いが出た日は「部活で遅くなる」って言って友達とゲームセンターに行ってはクレーンゲームをして。でも獲物が証拠として残っちゃうんで、持って帰ると「これどうしたの?」って怒られてしまうんですよ。それをどうやって隠すかが大変でしたね。

―映画「放課後戦記」キャッチコピーのように、みおりんが「壊れればいい」と思うものは何ですか?

市川美織
基本的には丈夫であってほしいですよね(笑)スマホなんかも壊れたら同期とか大変ですし。壊れちゃえばいいものと言えば…、憎しみとか、怒りとかは壊れてもいいかもしれませんよね。優しい世界になりそうな気がしますし。

―今回の映画「放課後戦記」は舞台とは違ったオリジナルストーリーとのことです。みおりんイチオシの映画版「放課後戦記」の見どころを教えてください。

市川美織
物語自体はちゃんと考えると難しい作品なんですが、“一人の少女の成長の物語”なんだと捉えると、すんなり入って来るんじゃないかと思います。そうやって捉えるとみなさんにも何か繋がる部分があるんじゃないかと、共感できる部分があるんじゃないかと思います。

―「共感」というお言葉ありましたが、演じる門脇瀬名に共感できる部分はありましたか?

市川美織
色んな人に良い顔してしまう、人に笑って欲しいから自分に嘘をついてなんとなく過ごしてしまう。そういうところはわかるなと思ってしまいますね。みんなに“いい人”でいたいという。あとはチカちゃん(求邑知歌=窪田美沙)の小心者、ビビり、みんなの影に隠れているところは似てるかもしれないです。

私、この世界が本当にあったら、かなり雑魚だと思うので(笑)最初の方に狙われちゃったりするんですよ。ちっちゃいんでドッジボールとかでも狙われやすいというか。でも意外としぶといんですよ!逃げ回って逃げ回って生き残るかもしれない!

―最後になりますが、ファンの皆さんに「こういう私を見て欲しい」というポイントなどありましたら。

市川美織
今までの私を知ってる方にとっては、初めの方は普段の私。後半になるにつれて、だんだん「1人で頑張る」って意識が芽生えて。そこからの急成長にはビックリしていただけるんじゃないでしょうか。この「1人で生き抜いて行かなきゃいけない」っていうのは、今の自分とも重なるところがあるので、あっと驚かせることが出来ればと思っています。

―ありがとうございました。

これから「1人で生き抜く」機会も増えそうなみおりんから発せられる言葉には、力強さがみなぎっており、映画「放課後戦記」は間違いなくこの意気込みが憑依したような代表作になることだろう。映画で魅せる豊かな表情と衝撃的な顛末同様、これからもみおりんは我々を、あっと驚かせ続けてくれるに違いない。また、中盤以降のスリリングな展開だけでなく、前半のスタンダードな制服姿のみおりんは必見だ。

『放課後戦記』
4月7日(土)よりシネ・リーブル池袋・シネ・リーブル梅田他全国ロードショー

■上映時間:115分
■出演:市川美織 秋月成美 りりか 小宮有紗 遠藤新菜 青島心 窪田美沙 井上美那 大野未来 小泉萌香 片岡沙耶 新田祐里子 加藤美紅 野々宮ミカ 三橋栄香
■スタッフ 原案:オクショウ 監督:土田準平 脚本:桃原秀寿 主題歌:CLEAR’S 「キミの翼へ」(avex trax)

© 2018 「放課後戦記」製作委員会

関連タグ