東京パフォーマンスドール、TVアニメ「BEATLESS」EDテーマ担当決定

アイドル 公開日:2018/03/16 80
この記事を
クリップ
}/

3月14日にシングル『TRICK U』をリリースしたばかりの東京パフォーマンスドール(通称TPD)が、3月15日、WWW X(東京都渋谷区)にてワンマンライブ「ダンスサミット2018 ~One Day One Life~」を開催し、話題のTVアニメ「BEATLESS」2クール目エンディングテーマを担当することを発表した!





この日は、先月のワンマンライブでラスト曲として初披露したばかりの『SHINY LADY』を1曲目にもってきた始まり。曲順が違うだけで、見せ方も変えてきたTPD。赤を基調としたガーリーな衣装で軽快に歌い、続いて先代TPDの代表曲『ダイヤモンドは傷つかない』、新生TPDの代表曲『BRAND NEW STORY』と、それぞれのヒットナンバーで会場を温める。

そして、今作『TRICK U』のカップリング曲『Honey! Come Come!』、『現状打破でLove you』、新曲『Kiss x Bang Bang!』(初披露)と、キュートでポップな曲を投下し、可愛さで溢れるTPDを届けた。中盤では、派生ユニット“ぐーちょきぱー”や“赤の流星”でTPDとは異なる世界観をそれぞれ出し、浜崎香帆橘二葉は、キレのあるダンスパフォーマンスゾーンでTPDモードに会場を戻す。後半は、メンバーがとにかく徹底して強化した『TRICK U』で妖艶なダンスパフォーマンスを展開し、『TIME』『BE BORN』などTPDの真骨頂であるスピード感あるダンスナンバーで畳みかけた。

そして、ラストナンバーに今回のライブのサブタイトルにもなった新曲『One Day One Life』を披露。ライブの一瞬一瞬を噛みしめるかのように、丁寧に、でも力強くメッセージソングをファンに届けて終了した。

さらに、アンコール後のMCで、現在MBS/TBS/BS-TBS“アニメイズム”枠で放送中(Amazonプライム・ビデオにて日本・海外独占配信決定)のTVアニメ「BEATLESS」2クール目エンディングテーマを担当することが発表され、会場からは歓喜の声があがった。今年結成5周年を迎える6月にシングルとしてリリースされる。益々楽しみになってきたTPDから目が離せない。

■メンバーからのコメント

この度「BEATLESS」のエンディングテーマを担当させていただくというお話を聞いた時本当に嬉しく、アニメと私たちの曲のイメージが合うといいなとずっと思っています!
私たちは結成五周年を6月19日で迎えるのですが、その節目に出す曲がエンディングテーマになることのご縁をすごく感じています。たくさんの方に愛されるような曲になりますように!

リーダー高嶋菜七

私はアニメ鑑賞が趣味なので「BEATLESS」も以前から観ていたのですが、物語の世界観などを頭にきちんといれた上で今回の楽曲をレコーディングしていたら、歌詞の1つ1つの意味がすごく深く感じ、自然と泣きそうになりました!
アニメと合わさるのが今からとても楽しみです。これからも「BEATLESS」のいちファンとして、楽曲共に作品を愛していきたいと思います。そしてみなさんから愛される楽曲になれたら嬉しいです。

飯田桜子

©2018 長谷敏司・redjuice・monochrom/KADOKAWA/BEATLESS製作委員会

この記事の画像一覧