プー・ルイがグループ卒業「BiSという愛しい呪いを断ち切らないといけない」

アイドル 公開日:2018/03/05 66
この記事を
クリップ

新生アイドル研究会BiSが3月4日に、2018年1月より東名阪で開催してきたツアー『BiS 2ND BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??』のファイナル公演を東京・両国国技館にて開催し、BiSリーダーのプー・ルイがグループを卒業し、6人体制の新生BiSとして新たなスタートを切った。

チケットはSOLD OUTし、晴天の東京・両国国技館には5,000人の研究員(BiSファン総称)が集まった。開演にあたり、WACK代表渡辺淳之介が登壇し、『BiS、GANG PARADEトレード終了の儀』の執行をアナウンスすると、BiS/GANG PARADEのメンバーが登場する。

渡辺氏が、アヤ・エイトプリンス、カミヤサキにGANG PARADEでのパフォーマンス希望曲を尋ねるとアヤが『Beyond the Mountain』を、カミヤは『FOUL』を選らぶと、現体制と新体制のGANG PARADEがそれぞれ魂を込めた熱いパフォーマンスを行った。アヤとカミヤが入れ替わりでステージに登場する場面では、笑顔でハイタッチを交わすという印象的なシーンが序盤より展開される。

「レンタルトレード終了の儀」が終わり、カミヤは国技館でBiSをパフォーマンスすることなくステージを去り、BiS、GANG PARADEともに新たなスタートを切ることになった。





ここから新生BiS(プー・ルイ/キカ・フロント・フロンタール/ゴ・ジーラ/パン・ルナリーフィ/ペリ・ウブ/ももらんど/アヤ・エイトプリンス)によるツアーファイナル『BiS 2ND BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??』がスタートする。

新曲『DiPROMiSE』のイントロを引用した壮大なSEが会場に響き、圧倒的な光の演出の中からBiSメンバーがステージに現れると、BiS再始動の楽曲『BiSBiS』で国技館の幕が上がる。ライブのスタートから会場を埋め尽くす研究員のボルテージはMAXとなり、”プー・ルイ”コールの大合唱が早速起こる。

プー・ルイが「アリーナ!升席!2階より上!!最後だからって、2階より上も埋まりやがって!!でも、愛してるよーーーー!!」と叫ぶと、『Give me your love全部』のイントロが場内に響き渡り、研究員はお祭り騒ぎとなり、会場の熱気が高まっていく。序盤より初期BiSのキラーチューンを連発し、続く『nerve』では、ギャンパレから戻ってきたアヤが「国技館、今日は最高のぶつかり稽古にしようぜー」と研究員を国技館風に煽る。

『My Ixxx』終了後、パンが「BiSは、2013年にも国技館のステージに立ちました。そして、今、この7人で満員の両国国技館のステージに立っている3月4日、1曲1曲を噛み締めて歌います。聴いてください、レリビ!」と曲フリをすると、ここから怒涛の15曲連続パフォーマンスを行った。ライブ本編後半の『primal.』では、会場がピンクのサイリウムで埋まり、プー・ルイ卒業を祝福する感動的な雰囲気が会場を包み込み、感涙のライブとなった。

『gives.』が終わると、プー・ルイが語り出す。「2018年3月4日、私プー・ルイはBiSを卒業します。再結成したばかりのときは、みんなアイドル初心者で、私しか教える人がいなくて、これはどうしたもんかってすごく悩んだりもしました。ゴ・ジーラは感情がなかったし、キカはいいやつだけど不器用すぎる人だし、アヤは美人だけど残念だし、ペリはとてつもなく生意気だし、パンはすぐ泣くし、ももは最初からかわいかったけど、でもおはようございますも言えなかったもんね。でも今はそんなの感じないくらいみんな頼もしくなりました。そうやってみんなが成長して、進化していく中で、私だけの時間が止まったままで、私だけが2014年に取り残されていました。みんながこんなに頼もしく変われたんだから、私もBiSという愛しい呪いを断ち切らないといけません。世界は変えられなかったけど、BiSを作って、私の世界は変わりました。BiSはこれからも姿形を変えて、どんどん続いていきます。そうして続いていった先で、もっともっとおもしろい未来を見せてくれると信じています。ゼロからはじまったアイドル研究会。アイドルになりたいという私のただのわがままではじまったBiS。今日はこんなにたくさんの人が来てくれていて、本当に嬉しいです。ありがとうございます。何者でもない私をこんなふうなアイドルにしてくれたのは、研究員のみんなです。本当にありがとうございます。BiSは私の人生の1番の汚点であり、1番の誇りです。今日はBiSと私の戦いに、自分の手で決着をつけてやろうと思います。止まってしまった時間を進めます。BiSと私のはじまりの曲。『BiS』」と曲フリを行い、BiSとしてのプー・ルイがラストパフォーマンスを行った。

ついにプー・ルイのBiSの最後の瞬間が訪れとともに、ライブ本編が終了するが、会場からは5分にも渡る「プー・ルイ、やめないで」コールが巻き起こる。その中から再登場したのは、新衣装を身にまとった6人体制の新生BiS。ここで、ペリ・ウブが新体制の所信表明として、47都道府県を周る全国ツアー『I don't know what will happen TOUR』の開催を発表した。

また、「BiSはこれまでたくさんの傷跡と汚点と歴史を残してきました。これまでBiSに関わった全ての人がいたから、今のBiSの形があります。今ここにいる人たち、前に来てくれていた人たち、去っていった人たち。きっとぞれぞれのBiSがあるんだと思います。そして、今私たち6人がBiSとしてここに立っています。BiSはいつだって最高でした。でも、私たちが最高の、最高の、最高のBiSを作ります。私たちがBiSです!胸いっぱいの愛を込めて。」のMCの後に、新曲『WHOLE LOTTA LOVE』を初披露し、熱狂のパフォーマンスでアンコールを締め、「誰もIDOLは死なない。」のキカの一言とともに、ステージは暗転し、BISの大きな節目となる国技館公演は幕を閉じた。

明日からは、アヤを入れた6人体制での新生BiSで再メジャーデビューシングル『WHOLE LOTTA LOVE/DiPROMiSE』のリリースイベントを行うことになる。新生BiSの今後の活躍にぜひ注目してもらいたい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)