東京パフォーマンスドール 今年初のワンマンで新曲初披露

アイドル 公開日:2018/02/21 61
この記事を
クリップ

東京パフォーマンスドール(略称TPD)が、2月20日、duo MUSIC EXCHANGE(東京都)にて今年初となるワンマンライブ「ダンスサミット2018 ~TRICK!TRICK!TRICK!~」を開催し、3月14日に発売となるニューシングル『TRICK U』を含む新曲3曲を初披露した。(橘二葉はインフルエンザのため不参加)





1曲目よりセクシーな新衣装で登場し、いきなり新曲『TRICK U』をパフォーマンス。これまでにないダンサブルなサウンドで、挑発的で刺激的なダンスパフォーマンスを繰り出す彼女たちは初っ端から圧巻の一言だった。少女から大人になっていく新たなTPDを感じさせたこの1曲は、今後さらに進化していくと思われる。

その後、立て続けにライブナンバー『純愛カオス』『BE BORN』を投下し、オーディエンスは瞬く間に熱気で溢れかえる。続いては、先代TPDのヒット曲『キスは少年を浪費する』や先代メンバー篠原涼子の大ヒット曲『恋しさと せつなさと 心強さと』を歌い継ぎ、先代TPDからのファンは歓喜の嵐に。共に、小室哲哉氏の作曲というのがやけに泣けてくる。

そして昨年より活動が始まったグループ内派生ユニット“赤の流星”(上西星来脇あかり)が登場し、美しいハーモニーを奏で、“ぐーちょきぱー”(神宮沙紀櫻井紗季飯田桜子)はアゲアゲパーティーチューンで盛り上げそれぞれのカラーに染める。その勢いのままに、再度TPDが登場し、アメリカンロック調の『Honey! Come Come!』を初披露。遊び心のあるPOPでキュートな1曲とあって、メンバーの弾ける姿や表情が惜しみなく放出され、見ているこちらも幸せな気持ちになってしまう。

さらに、ステージと会場が1つになれるコールアンドレスポンスの『FREEDOM』、『SURVIVAL!!』『BRAND NEW STORY』を立て続けに披露したところで、会場のボルテージは最高潮に!そんな中、ラストの1曲でも新曲『SHINY LADY』を初披露。大人への階段を一歩ずつ登っていくために、勇気をもって一歩前に進み伝える、そんな気持ちが込められたエレクトロポップナンバー。起承転結がはっきりとした展開で、リスナーの感情を揺さぶる。後半には激しいEDM調に変わり、TPDの武器でもあるダンスパフォーマンスでこれでもかといわんばかりに魅せてくる。そして最後には、メンバーの強い想いで未来を切り開いていくんだ!と宣言するようなパートがあり、とにかくエモーショナルな楽曲だ。初披露とは思えないくらい、会場の気持ちが1つになった瞬間を感じられ、多幸感で満ち溢れた。

ライブ後のMCでリーダーの高嶋菜七は「今年初のワンマンライブだったんですが、やっぱりワンマンライブは楽しいー!!」と喜びを爆発させ、新曲『TRICK U』について上西星来は「楽曲もパフォーマンスもTPDのセクシーな部分がたくさん詰まっているので、たくさん聴いて、私たちの罠にかかってください!」と可愛いコメント。それぞれの派生ユニットも4月にワンマンライブが決まり、2018年いよいよ本格的に始動したという印象のライブだった。

また、6月3日(日)に開催する結成5周年記念ライブに向けて、3月、4月、5月に開催するワンマンライブでもさらに新曲を投入すると宣言しているTPDに期待しか沸いてこない。まだTPDを知らない方は、まずは本日より各音楽配信サイトにてプレオーダー&先行配信がスタートした『TRICK U』をチェックして、気軽に参加できるフリーイベント(2月25日~)に行ってみてほしい。POPでキュートな彼女たちに出会え、楽しい時間を過ごせるだろう。

この記事の画像一覧 (全 12件)