脇あかり(東京パフォーマンスドール)が別府市の「ツーリズム別府大使」に任命

アイドル 公開日:2018/02/19 72
この記事を
クリップ

篠原涼子などを輩出した伝説のガールズグループ・東京パフォーマンスドール(通称TPD)のメンバーとして活動している、大分県別府市出身の脇あかりが「ツーリズム別府大使」に任命されたことが発表された!





「ツーリズム別府大使」とは、別府市とゆかりがあり、別府観光の振興に寄与すると認められる人物に、広く市の観光宣伝を広がることを目的として贈られるもの。脇あかりは、9歳からプロバスケットボールリーグ(bjリーグ)大分ヒートデビルズ(現:愛媛オレンジバイキングス)のチアダンスチーム「デビルガールズjr」に入り、12歳から15歳まで同「デビルガールズ」に所属。ホーム戦では、ビーコンプラザ、べっぷアリーナなどのステージをチアで盛り上げてきた。現在は、TPDのダンスリーダーとしても活躍していることで、別府市の観光振興へ貢献が期待されるとして任命された。

別府市と言えば、「インターネット上に公開するPR動画が100万回再生されれば温泉と遊園地を一体化させたテーマパークを作る」と宣言してからわずか3日間で目標を達成し、昨年7月に「湯(ゆ)~園地(えんち)」を期間限定でオープンさせたことでも有名である。

今年の1月、地元の成人式に参加し、長野恭紘市長とも面会した脇は、「『別府といえば脇あかりだよね?』と言われるような、『温泉』に続いて名前が挙がるような人になって、たくさんの方に大好きな地元、別府市の素晴らしさを伝えていきたいと思っています。」と意気込みを語った。脇には記念品として、「ツーリズム別府大使」の名刺と、別府の伝統工芸品である竹細工を使った名刺入れが贈呈され、3月1日(木)から機会あるごとに別府市の広報活動を積極的に行う。


<脇あかりコメント全文>
東京パフォーマンスドールの脇あかりです。
この度、地元・大分県別府市の「ツーリズム別府大使」に任命頂いたことは光栄で、とても嬉しいです。私は普段は東京パフォーマンスドールの一員として、東京で歌やダンスのパフォーマンスをしています。まずは活動のなかで「別府といえば脇あかりだよね?」と言われるような、「温泉」に続いて名前が挙がるような人になって、「ツーリズム別府大使」としてたくさんの方に大好きな地元、別府市の素晴らしさを伝えていきたいと思っています。

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ