アプガ(仮)7周年記念ライブ開催発表「まだまだ走って行くぜっ」

アイドル 公開日:2018/02/16 61
この記事を
クリップ
}/

5人組アイドルグループ、アップアップガールズ(仮)が、2月3日からライブハウスツアー「アップアップガールズ(仮)原点回帰ツアー ド根性~原点にカエル~」をスタートし、2月15日(木)東京・初台The DOORSにて【初台の巻】公演を開催した。

ライブ中には、5月3日(木・祝)に東京・新宿ReNYで、アップアップガールズ(仮)7周年記念ライブ「アップアップガールズ(仮)7周年~Still Goes On!!~」の開催、さらに、このライブを皮切りに新たなツアーが行われることが発表された。

昨年9月に5人の新体制となったアプガ。気持ちも新たに活動中の彼女たちだが、このタイミングだからこそ初期のハングリー精神を取り戻すべく、原点回帰をテーマにした今回のツアーが始まった。結成初期に行っていたように、普通電車や車で各地を回り、会場装飾や手作りフライヤー、ブログやSNSを使ったプロモーション、ライブのセットリスト等もメンバーが考案、作成したりと、メンバーの手作り感の高いツアーとなっている。そして、最新シングル曲『上々ド根性』から発展しアニメ「ど根性ガエル」とのコラボが実現したことから、今回のツアーは、通称、ド根性回りツアーと呼ばれている。





ツアーの折り返し地点となる東京でのライブ。まずは、オープニングアクトとして、アプガの妹グループ、アップアップガールズ(プロレス)が登場し『アッパーキック!』をパワーたっぷりに披露。そして、東京出身のアップアップガールズ(2)橋村理子がソロでステージに立ち『どしゃぶりのテラス席』を歌唱した。

アプガのライブは『上々ド根性』から威勢よく始まり、『パーリーピーポーエイリアン』でフロアをクレイジーなパーティ状態にする。メンバー5人と満員のアプガファミリーが、一体となって盛り上がる光景はいつ見ても壮観だ。

今回のツアーでは、5人編成となったことで、新たな振り付けや歌詞が変わった楽曲の披露も多い。5人バージョンの『マーブルヒーロー』など、とても新鮮に楽しめた。回替わりのコーナーでは、東京出身の佐保明梨がひとりで、ソロ曲『Show Time』を歌唱する。続けて『!!!!!!!!』をソロで歌い、途中からメンバーが合流してメンバー全員でのパフォーマンスを見せた。ライブは、テンションをグングン上げながら進行していく。メンバー5人のステージングに負けることなく、観客はハイボルテージで応える。まさに熱量の相乗効果。会場にあるのは、とにかくこの瞬間を楽しもうというハッピーなマインドだ。

ライブ終盤戦では、スカチューン『アッパーレー』で、アプガ(2)の橋村、アプガ(プロレス)の4人がステージに登場。総勢10人で、ステージを縦横無尽に走り回っての大騒ぎ。観客もヒートアップして、会場は強烈な熱気に包まれることとなった。

アンコールのMCで、佐保はライブの感想を述べていく。「ここまで、私たちとファミリーみんなでツアー盛り上げてきたなっていうのを、今日の公演でもすごく感じました。今回のツアーは原点回帰ってことで、改めて自分たちの武器、生き様である、ライブについて私たちも1から考え直してるんです。最初の気持ちに戻る部分もあるし、逆にあの頃にはなかった気持ちも生まれてるんですよ。みんなとこんなにも一体感が作れるようになったんだなっていうのを毎公演感じて、それがすごくうれしいです」と、原点を見つめることで、自分たちの成長を実感していることを語る。続けて「だからこそ、この5人でもっともっと上を目指していきたいし、こんなにたくさんのパワーを送ってくれるみなさんがいるからこそ、この輪をもっともっと大きくしていきたいです。アイドル戦国時代もいろいろありますけど(笑)、でも私たちはまだまだアイドル界を盛り上げていきたいし、まだ会ったことない未来のアプガファミリーにも、たくさんのものを届けたいです!」と、アイドル界の火を燃やし続ける意気込みを口にした。

そして新井愛瞳がうれしいお知らせとして、5月3日(木・祝)に東京・新宿ReNYで、アップアップガールズ(仮)7周年記念ライブ「アップアップガールズ(仮)7周年~Still Goes On!!~」の開催を発表。「“Still Goes On!!”は、まだまだ行くぜって意味があるので、7周年を越えてもまだまだ走って行くぜって意味を込めて2公演やります。そして、その日を初日として、ツアーやっちゃいます!」と声を上げると観客も大歓声。「7年目のアプガは、去年メンバーが卒業したりたくさんChange & Evolutionしてきたので、7周年ライブはその集大成をみなさんと楽しんでいけたらなと思います。みなさん、7周年記念ライブ、そしてツアーを一緒に盛り上げていきましょう!」と語ると大きな拍手が沸き起こった。

そして最後は、とどめの『アッパーカット!』を披露すると、メンバー5人は渾身のパフォーマンス。曲中の煽りで、新井は「アップアップガールズ(仮) これからもド根性で戦っていきます!」とシャウト。会場のボルテージは最高潮となってライブの幕は閉じた。

絶好調のド根性回りツアー、7周年記念ライブ、新たなツアー決定とライブ三昧のアプガ。最強ライブアイドルの座に君臨するアプガは、この先どんなステージを見せてくれるのか。その期待は膨らむばかりだ。