乃木坂46白石麻衣、西野七瀬らキュートな笑顔でペット保険デビュー応援

アイドル 公開日:2018/02/10 3
この記事を
クリップ

アイペット損害保険のイメージキャラクター 乃木坂46が出演するCM第3弾「応援篇」が、2月12日(月)より公開となる。

本CMでは、全3回に渡って乃木坂46白石麻衣西野七瀬秋元真夏高山一実井上小百合若月佑美の6名がペット保険の魅力や必要性を伝えている。第1弾「占い篇」、第2弾「女子会篇」に続き、第3弾「応援篇」。このCMのShort ver.は、2月13日(火)の特設サイトでの公開に先立ち、2月12日(月)よりTBSテレビ(関東地区)にて放送し、その後も放送地域を拡大していく。



<CMストーリー>
「ペットの診療費は全額自己負担で大変だ」とぼやくのは、猫の”まなお”くん。「病気や怪我で診療費が数十万円になることもある※」とワンちゃんの”かずお”くんが返す。軽快な行進曲が流れる中、赤色や青色のポンポンやメガホンを持った乃木坂46のメンバーが、当社の保険商品の特徴を説明。キュートな笑顔でペット飼い主のペット保険デビューを応援する乃木坂46メンバーの姿や、ワンちゃん、猫ちゃんの思わずクスッと笑ってしまうやり取りもCMの見どころとなっている。

<撮影エピソード>
「応援篇」の撮影場所は、競技場のスタンドをイメージした明るい雰囲気のセット。冒頭の、ポンポンを振ったりメガホンを叩いたりして盛り上がるシーンでは、監督から「サッカーのゴールが決まった瞬間の盛り上がりで」というリクエストが。みんなで一緒に言うセリフも一発でOKしたり、監督のリクエストに即座に対応したりするなど 、メンバー全員が息を合わせて撮影に臨んでいた。特にセリフの長い西野と白石は、自分の出番ではないシーンで、何度も呟いて練習していた。見事、2人とも一発でOKが出た瞬間にはスタッフから「おーーー!」という歓声が上がった。

また、本CMに出演するワンちゃん、猫ちゃんの声は、それぞれ高山一実秋元真夏が担当。アフレコは、初めて挑戦するということで、「犬の声ってどうすれば良いのかな?」とか「関西出身ではないのに関西弁はできるかな?」と不安な様子。しかし、収録が進むにつれて役柄にも慣れてきたようで、アドリブも出るなど見事な掛け合いをしていた。(2人のアドリブは、Long ver.で)。

この記事の画像一覧