乃木坂46桜井玲香 秋元真夏 若月佑美 中田花奈「女子校カルテット」のヒミツ

アイドル 公開日:2018/02/01 4
この記事を
クリップ

2月2日(金)発売の「プラチナフラッシュ vol.3」(光文社)では、今もっとも輝いている美女13人をクローズアップする。

表紙を飾るのは乃木坂46 桜井玲香秋元真夏若月佑美中田花奈。4人は中高を女子校で育ったメンバー、乃木坂46の象徴である上品さと淑やかさ兼ね備えた4人は「女子校カルテット」と呼ばれ、ファンの人気も高い。今回は「四姉妹物語‐絆‐」と題したグラビアで、夢の初共演を果たす。4人のインタビューはもちろん、共通の質問をぶつけ、それぞれのプライベートやマル秘話を引き出した。



―「女子カルテット」は、どんな存在ですか?

秋元
気づいたら一緒にいる4人ですね。気も遣わなくていいし、女子校出身という育った環境が似ているから、自分の価値観も受け入れてもらいやすいのかなって。乃木坂46のほかのメンバーには「4人は30年後も同じ感じでおしゃべりしてそう」って言われています。

―メンバーとどんな関係?

秋元
若はすごい理解者。話していてもアレとかコレとかだけで通じ合える”熟年夫婦”ですね。玲香は、素直な感じが、いちばんかわいらしいと感じる女のコ。花奈は、なんでも言い合える人。話す内容も似ているし、すごく近くに感じる存在です。

―もし、4姉妹だとしたら?

秋元
長女は花奈で、次女が玲香、三女が若…。あれ?私が末っ子になっちゃった。でも、たしかに末っ子ポジションかもしれない。4人でいるとかなり自由でいるんですよ。

ほか3人のインタビュー、その他のグラビアは「Platinum FLASH[プラチナフラッシュ] vol.3」でチェック!
クリックで購入へ

この記事の画像一覧