指原莉乃&市川美織 ドラフト会議「選ばれてから始まる」「夢を諦めないで」エール贈る

アイドル 公開日:2018/01/21 75
この記事を
クリップ

第3回AKB48グループドラフト会議が開催された。数多くの少女たちが、AKB48グループメンバーへの扉を開いたが、このドラフトに関して指原莉乃がツイッターでファンへの注意喚起を行っていた。

「「かわいそう」だけで選ばないでほしいかな。アイドルになったらそこから辛いことがたくさんあります。「選ばれて終わり」じゃないし、総選挙、握手会の売り上げ、、、私たちには目に見えてしまう指標がたくさんあります。「選ばれてから始まる」ことを考えてあげてほしいかな!お願いします。」とつぶやき、AKB48グループメンバーとして活動する大変さを説明した。





また、子役から活動し数多くのオーディションに落ち続けていた、NMB48の市川美織も「今回名前が呼ばれなかった子たちもまだ夢を諦めないでほしい。。私は何百回受けたオーディションで受かったのがAKBでその時はきっとあなたにも来るはず!沢山の人がいる中での堂々たるパフォーマンス、あの笑顔たち。綺麗な涙。頑張っていれば絶対に誰かが見てくれてるから」と、温かいアドバイスを送っている。

今回、指名を受けられなかったドラフト候補者も、夢を諦めずに挑戦を続けて欲しい。

市川美織写真:ⓒNMB48

この記事の画像一覧 (全 2件)