乃木坂46 第59回「日本レコード大賞」の栄冠に輝く

アイドル 公開日:2017/12/30 13
この記事を
クリップ
}/

30日、東京・新国立劇場から生中継された「第59回 輝く!日本レコード大賞」で、大賞候補である、優秀作品賞に『インフルエンサー』でノミネートされていた乃木坂46がみごと「レコード大賞」に輝いた。

乃木坂46は今年度初めてのノミネートで”大賞“の栄冠に輝いた。

安住紳一郎TBSアナウンサーから名を告げられると、前列に待機していた白石麻衣は大きな瞳をより見開き驚いたあと、西野七瀬の顔を見て涙があふれた。あわあわと手を震わせながらステージへ。ほかのメンバーも一気にうれし涙。

乃木坂46キャプテン桜井玲香が代表して、日本レコード大賞制定委員長・弦哲也氏から盾を渡されると、潤んだ瞳で「ありがとうございます」と笑顔を見せ、ファンや関係者に感謝のメッセージを伝えた。





西野七瀬は「さっきのパフォーマンスが今までで一番よく出来たってメンバーと自画自賛していて、ちょっと夢みちゃったけど、ないかなあって思ってました。まさか受賞できるとは思わなかったのでうれしく思います」と絞り出した。

そのコメントに、惜しくも3回目の受賞を逃し、有終の美とはいかなかったAKB48渡辺麻友も妹たちを見つめるような優しい眼差しで祝福を贈っていた。

受賞曲『インフルエンサー』は乃木坂46の17枚目のシングルとして発売。初週でミリオンを達成するなど、楽曲の良さもさることながら、乃木坂46史上最速の難易度の高いダンスも人気を集めた。

<第59回 日本レコード大賞>
受賞作品:インフルエンサー
作曲:すみだしんや
作詩:秋元康
編曲:APAZZI
プロデューサー:秋元康
プロダクション:乃木坂46合同会社
レコード会社:株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ

この記事の画像一覧