わーすた バンドライブで一段と成長した2017年を締めくくる

アイドル 公開日:2017/12/29 9
この記事を
クリップ
}/

2017年12月28日わーすた2017年最後のライブ「わーしっぷ大感謝祭2017〜NEKONOTE借りちゃいました〜」を渋谷WWWXにて開催した。





わーすたは2017年4月22日Zepp Diver City TOKYOで開催された「The World Standard〜夢があるからついてきてね〜」以来の2回目となるのバンドライブ。

オープニングの『overture』もバンドバージョンではじまり、会場いっぱいの、わーしっぷ(わーすたファンの総称)は一気にボルテージが上がったこの日のライブは「わーしっぷ大感謝祭」というタイトル通りメンバーが一年の感謝をファンに伝えるべくライブ構成をメンバー中心に考えたという。

1部は今年一年を振り返るように、今年リリースした楽曲順を意識した内容と国内外の様々な活動の記録映像をバックにパフォーマンスした。2部では今で披露したことがないメンバーの組み合わせや、メンバーそれぞれがソロでわーすたの曲を歌唱するなど、来年へ向けた挑戦の意味も込めた内容が詰め込まれたステージになった。

本編最後の曲『ちいさな ちいさな』ではわーすたの温かい雰囲気で会場を一気に染めた。グループ結成の時の第一局目だったこの曲中にある振付が浸透していて隣のファンと肩に手をのせてあるく『電車ごっこ』で皆で会場が一体になる。年末最後の子のライブ会場にいるほとんどのわーしっぷが参加している光景が非常に微笑ましいアットホームな本編となった。

ライブ最後のMCでは、2017年を振り返るMCを各メンバー各々の言葉で会場にいるファンに感謝の気持ちを込めて届ける場面もあり、時に感極まり言葉を詰まらせた。「わーすたにとってわーしっぷが一番大事で2018年も もっと素敵な景色をみたい。来年も一緒に歩いてください。」と抱負と感謝を込めてメッセージを送った。

2018年最初のステージは、自身2度目の全国ツアーのファイナル、東京公演となっている。定期ライブシリーズ「わーすたランド”わー8”」の開催日などの詳細も明らかになった。

この記事の画像一覧

関連タグ