恵比寿マスカッツ 1.5 珍芸を繰り広げながらも最終回は笑顔でお別れ

アイドル 公開日:2017/12/27 5
この記事を
クリップ
}/

地上波での放送は残すところあと1回!恵比寿マスカッツ 1.5の冠番組「恵比寿マスカッツ横丁!」最終回の12月27日(水)、「爆笑とるまで番組終われま10!」がオンエアされる。





先月(11月15日(水))放送の「爆笑とるまで番組帰れま10!」が好評であったため、最終回はマスカッツらしく、メンバーも視聴者も爆笑でお別れできる、この企画が選ばれた。しかし、企画発表と同時に今回もメンバーたちは困惑の表情になり、それを見ていたPTAメンバーである蒼井そら、麻美ゆま、Rioも強制参加に巻き込まれる。

バラエティの冠番組を持つ“マスカッツ”として、追い込まれたながらもモノマネ、一発ギャグ、意味不明な珍芸などを繰り広げながら、MCのおぎやはぎ(矢作兼、小木博明)、大久保佳代子らを笑わせ、無事に番組終了の打上げ会場へ向かうメンバーも出る中、残された面々には時間の経過と共に焦りが色濃く表われる。果たしてメンバーたちは全員に打上げに参加できるのか、オンエアで確認してほしい。

2008年、蒼井そらをリーダーに(初代)恵比寿マスカッツを結成。同時にスタートした冠番組“おねマス”シリーズでは、エロく、面白くを信念に、セクシー軍団が世間を驚かせた。その後、第二世代、1.5と、意思は継承され、メンバーたちは不慣れなバラエティ番組に悩み迷いながら様々な企画に挑戦し続けたが、今週で地上波での番組放送は終了。しかし、今後もBSスカパー!などのレギュラー番組などは継続し、(初代)恵比寿マスカッツが2013年4月に解散ライブを行った、千葉・舞浜アンフィシアターでのライブ開催を目標に、精力的に活動を続けて行く。今後さらなる飛躍を目指す恵比寿マスカッツ 1.5から目が離せない。

そして、いよいよ今週12月29日(金)には、恵比寿マスカッツ 1.5は“1.5”となってから初となるライブ「恵比寿マスカッツ 1.5 初ライブ ラブホ街の悪夢」(東京・渋谷TSUTAYA O-EAST)を開催する。また、本日発売となった同番組初のDVDを皮切りに、ライブDVDと合わせて3か月連続でのDVD発売が決まっている。

(C)EBISU★MUSCATS PROJECT